調査・アンケート

2017/07/15

パートナーエージェント、20代前半の若者の結婚観について調査

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

パートナーエージェント、20代前半の若者の結婚観について調査

20代前半の若者の結婚願望は?

株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区 代表取締役社長:佐藤茂)は、「20代前半の結婚観と婚活」についての調査を実施しました。

平成28年の厚生労働省の調査によると、初婚年齢の平均は男性:31.1歳、女性:29.4歳となっていて、平成10年と比較すると2歳以上も高く、晩婚化が進んでいます。

こうした状況を背景として、今回は20~24歳の独身男女2,760人を対象に、20代前半若者たちの結婚に対する意欲や願望、婚活事情などについて調査が行われました。

若者の7割は結婚したいと考えている

まず、結婚に対する考え方について聞いたところ、「結婚したい」と答えた人は男性…60.7%、女性…76.2%となっており、男女合わせて68.4%の人が結婚願望を抱いていることがわかりました。

一方、「結婚したくない」と答えた人は9.5%にとどまっています。

次に、「結婚したい」と答えた人に婚活状況を尋ねてみると、「現在婚活中」と答えた人は9.3%、「過去に婚活したことがある」人は1.5%で、合わせて10.8%の人が婚活経験があると回答。

他の調査で、25歳~49歳の独身男女の婚活経験者の割合は24.5%だったことから考えても、今回の結果はそれほど婚活経験者が少ないというわけでもなさそうです。

20代前半から婚活を始めた人たちにその理由を聞いたところ、最も多かったのが「早く結婚したいから」で75.1%となっていました。

次いで「交際相手が欲しいから」…32.2%、「結婚できるか不安を感じたから」…17.1%、「両親や親戚に催促されたから」…8.8%、「周囲の人に誘われたから」…7.8%と続いていました。

25歳頃には結婚し、30歳前には子どもが欲しい

「早く結婚したいから」と答えた人にその理由を聞いてみたところ、「早く子どもを持ちたいから」…63.0%、「早く結婚することに憧れがあるから」…58.4%、「経済的に安定したいから」…33.1%といった理由が挙げられていました。

さらに「現在婚活中」「過去に婚活したことがある」と回答した人について、結婚したい年齢ついて聞いたところ、男女平均で25.8歳という結果でした。

また子どもが欲しい年齢については平均27.5歳となっていて、30歳前には子どもが欲しいという願望が伺えます。

婚活は友人知人の紹介や合コンが多い

次に、実際に経験した婚活について聞いてみると、上位は「友人・知人に紹介してもらった」…53.3%、「合コンに参加した」…49.2%、「街コンに参加した」…32.5%となっており、半数は紹介や合コンという形で婚活をされているようです。

婚活のための資金をどのように準備したかについては、「毎月の給料から」が最も多く62.5%、次に多かったのが「お金をかけずに婚活した」で28.3%となっていました。

晩婚化が叫ばれて久しい現代、「嫌婚」などという言葉も聞かれるほど若者の結婚離れが指摘される中、20代前半から婚活を始め、早く結婚して子どもが欲しいと願う若者もまだ少なからずいることがわかりました。

参考サイト

株式会社パートナーエージェント プレスリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加