解熱剤

2017/07/19

子どもが発熱。熱が高くても元気なら解熱剤は必要無い?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子どもが発熱。熱が高くても元気なら解熱剤は必要無い?

子どもはよく熱を出しますが、どの程度まで自宅で様子を見ていていいのか判断に迷うことも多いでしょう。子どもが発熱した場合の病院受診の目安や解熱剤の使用方法について、専門家に聞いてみました。

1歳児のママからの相談:「熱があっても比較的元気ですが、病院で解熱剤が処方されました」

娘は1歳半頃から熱を出すことが増えました。しかし、朝38℃以上でも病院に着くと下がっていることもあり、どの程度まで家で様子を見ればいいのか分かりません。本人は、熱があっても比較的元気です。病院では解熱剤を処方されることが多く38.5℃を超えたら使用するよう言われますが、37.5~39.5℃位を行き来するので使用するのを躊躇ってしまいます。熱が高くても元気なら、薬を使わずに様子見でいいのでしょうか。(20代・女性)

38.5℃以上はあくまでも目安

解熱剤を使用するのが38.5℃以上というのは、あくまでも単なる目安です。熱があっても元気で特に変わった様子が無ければ、無理に解熱剤を使わなくても良いようです。暑い・寒いなどの体温調節に注意をし、こまめな水分補給を心がけましょう。

解熱剤は、熱があってぐったりしているのなら使用していいですし、熱があっても元気であれば無理に使わなくてもいいでしょう。身体は、体温を上げることでウィルスや菌をやっつけようとします。熱が上がれば汗をかき、汗をかくことで身体が冷やされて体温も下がります。熱がある場合は、水分はこまめに摂るよう心がけて下さい。(看護師)
風邪などのウィルス感染の場合は、対症療法で様子を見るしかないため解熱剤や現在の症状に対する薬を処方されることが多いでしょう。解熱剤を「38.5℃以上で使用する」ことは、あくまでも目安です。本人が元気で水分もしっかり摂れているなら、無理に使用する必要はありません。(看護師)
手足が冷たく寒気を訴えている場合は、身体を暖めてください。逆に手足が温かい・汗をかいている場合は、本人が熱がっているサインですので氷などを使って身体を冷やしてあげて下さい。(看護師)

水分も摂れずぐったりしている時は病院を受診

熱が3日以上続いたり水分も摂れずぐったりしているなど他にも気になる症状があれば、早めに病院を受診しましょう。

子どもは発熱して体温が高くても、意外と元気なことが多いです。熱が出ていたとしても水分や食事がしっかり摂れているなら、急いで病院を受診しなくても良いでしょう。水分・食事が摂れない、ぐったりしている場合は受診を考慮して下さい。(看護師)
発熱が3日以上続く・咳や鼻水などの症状があり辛そうにしている・下痢や嘔吐がある・ゼーゼーヒューヒューといった呼吸をしている・ぐったりしている・腹痛や頭痛を訴える・水分や食事が全く摂れていないなどの場合は、風邪以外の病気を起こしている可能性があるので病院を受診しましょう。(看護師)

高熱で身体が辛そうな場合は解熱剤を使用すると良いですが、38.5℃以上熱が出た場合というのはあくまでも目安になります。水分や食事が摂れていて比較的機嫌が良いなら、無理に解熱剤を使用する必要は無いようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加