ゲップ

2015/04/24

赤ちゃんのゲップが出ない…うまく出すための方法は ?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

赤ちゃんのゲップが出ない…うまく出すための方法は ?

ミルク後のゲップは、赤ちゃんのお決まりの儀式です。赤ちゃんにゲップを促しても出ないのに、横に寝かせると出ることを心配しているママからの相談について看護師さん達にアドバイスを聞いてみました。

生後3週間の乳児についての質問:「ゲップの上手な出し方があったら知りたい」

生後3週間の息子がいます。産院の指導で授乳後はゲップを促すために背中を叩いているのですが、そのタイミングでなかなか出ません。叩くのではなくベビーベッドに寝かせたり抱っこに切り替えると出ることが多いです。今のところ母乳を吐いたことはありませんが、これで問題はないのでしょうか。もしかしたら私の促し方が良くないのでは、と少し心配です。(25歳・女性)

どうしてゲップが必要?

まずはミルクの後になぜゲップをさせなければならないのか、おさらいしましょう。

赤ちゃんがゲップをする理由は、おっぱいと一緒に飲み込んだ空気によるお腹の圧迫を防ぐためです。授乳後に縦抱きしてもゲップが出ない時は、横にしても構いません。横にすることで、お腹の中の空気が動いてでることがあります。その時に飲んだミルクを吐いていないのでしたら、問題はありません。(産科・婦人科看護師)
赤ちゃんがゲップをしなければいけない理由は2つあります。1つ目はミルクを飲む時に一緒に飲み込んだ空気とともにミルクを吐き戻すため、2つ目は空気がお腹を圧迫して不快に感じるためです。吐き戻しがなく、赤ちゃんも不快でなければゲップをする必要はありません。そのため、あまり神経質になる必要はないのです。現在の状態で出ているのであれば、問題はないといってよいでしょう。(一般内科・看護師)

ゲップを出すために効果的な5つのポイント

横に寝かせた時にゲップをしているのであれば問題はありませんが、以下のような方法でゲップが出るように促す方法もあります。

万が一、吐いた時に喉につまらせたりしないよう、横にする時は右側が下になるようにしてください。縦抱きでゲップする子もいれば、横になってする子もいますが、ちゃんとできていればどちらでも構いません。(産科・婦人科看護師)

もっと上手にゲップをさせるには、

1. お母さんはソファに少し浅めに腰掛け、 背もたれで身体の角度を調整。ゲップの出やすい角度に調節します。
2. 赤ちゃんを肩にもたれ掛けるように縦抱きに。ミルクが出てくる可能性もあるので、肩にタオルを乗せておきます。
3. 赤ちゃんの胸はお母さんの肩に乗るくらいの高さに。赤ちゃんを少し横向きにし、口や鼻を塞がないように注意します。
4. 背中の胃から首の後ろまでを下から上へ優しく、溜まった空気は上がるため、それを押し上げていくようにさすります。叩いても構いませんが身体が緊張してゲップが出ない場合もあります。
5. 5分間さすります。それ以上はお互い疲れてしまうので、出ない時には諦めて寝かせます。横にすると空気が移動して出る場合もあります。右側を下にして寝かせ、ゲップと一緒にミルクを吐いた時に気管に入ることを予防しましょう。(一般内科・看護師)

どのような方法でも最終的にゲップが出ていれば特に心配はいりません。もし抱っこした状態で出したいのでしたら、上記の手順を試してみてはいかがでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加