断乳

もう2歳なのに母乳を欲しがる子供…やめさせた方がよいのでしょうか?

食事を自分で食べられない赤ちゃんにとって母乳は大切な栄養源です。ある程度赤ちゃんが大きくなって離乳食を食べるようになると、食事と母乳のバランスや卒乳について悩むママも多いのではないでしょうか?医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイトなるカラにも、いつまで母乳を与えて良いのか相談がありました。看護師さんたちは、なんと答えているでしょうか?

ママからの相談:「もうすぐ2歳になる子供が母乳をまだ欲しがります、いつまであげ続けても良いのでしょうか?」

2歳になる子供が母乳を欲しがるが、離乳した他の子供と比べると食が細いように感じるので、そろそろやめさせたいと考えている。いつまで母乳をあげても大丈夫なの?そんなママからの相談です。

もうすぐ2歳になる子供ですが、まだ母乳を欲しがります。まだ仕事に復帰しようと考えているわけではないので、急いで卒乳しなければとは考えていませんが、そろそろやめたいと思っています。食事は割と何でも好き嫌いなく食べますが、やはり同年代のお子さんと比べると、食が細いと思います。母乳のせいで、食事から栄養が取りにくくなっているのではないかと心配です。どのくらいの月齢まで、母乳を与えても大丈夫なのでしょうか?

おっぱいは心の栄養です、無理にやめさせる必要はありません!

母乳は赤ちゃんにとって栄養源であると同時に、精神安定にも大切な役割を担っています。子供自身が、おっぱいをいらないと感じるまでは、無理に卒乳させる必要はないと教えてくれました。

母乳は生後6か月頃から免疫成分が徐々に少なくなりますが、全くゼロになるわけではないので、お子さんが2歳になってもわずかですが免疫力の点で母乳を与えられる事は良いことであると考えます。子供自身が「もうおっぱいはいらない」という時期は必ずやってきます。小学生になってもおっぱいを飲んでいる子はいません。2歳ならば、あともう少しかもしれません。幼児期になると、おっぱいは栄養面ではなく、精神安定の面が大きく、風邪を引いた時などにも、飲み物が飲みにくくても、母乳は飲んでくれるので、脱水の予防にもなります。お母さんに特別な理由がなければ、無理にやめず、お子さんの好きなだけ与えてあげてよいと考えます。 (小児科看護師)
「おっぱいはこころの栄養」とも言いますよね。きっとママのおっぱいを飲んで安心しているのではないでしょうか。 ちなみにうちの長女は3歳の誕生日に卒乳しました。遅い方だと思いますが、誕生日の少し前から言い聞かせて本人も納得して離れたので、良かったと考えています。 (小児科看護師)

食事をたくさん食べさせ虫歯のリスクを減らすために、食事前と夜間の授乳を控えてみて!

無理に母乳をやめさせる必要はありませんが、いくつか注意すべき点もあります。食事前に母乳を飲むと食事量が少なくなってしまうので食事前の授乳は控える、夜間の授乳は虫歯のリスクを増やすので控えると良いとアドバイスがありました。

母乳の影響で食事からの栄養が摂りにくくなることはありませんが、母乳を与える時間によっては食事量は少なくなると考えられます。食事に気が向かない様でしたら、食事前の授乳は控える、遊びなどで気を紛わし、1日の授乳回数を少なくしてみてはいかがでしょうか? (小児科看護師)
寝つきを良くするために寝る前や、夜間の夜泣きに母乳を与える事があるのであれば、虫歯の心配があります。よだれが少なくなり虫歯になりやすい環境になります。まずは夜間の授乳を控えるところからはじめられてはいかがでしょうか。 (小児科看護師)
食事が進まないとママは心配ですよね。食事前は授乳しないよう、外に連れ出して遊んでみてはいかがでしょうか? (小児科看護師)

子供が母乳を欲しがるとなかなか卒乳は難しくなるものです。食事や虫歯に影響が出ないよう、少しずつ授乳のタイミングや回数を調整して、あせらず卒乳へ向かいましょう!


2014/08/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)