発熱

2017/07/31

子どもが高熱を出してから体温がずっと37℃台・・・どうすべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子どもが高熱を出してから体温がずっと37℃台・・・どうすべき?

初めての子育ては戸惑うことが多く、特に病気の時は心配です。今回の相談者さんは、お子さんが初めての高熱に見舞われ病院の薬で下がったものの、37℃台がずっと続いていると悩んでいます。

1歳児のママからの相談:「体温が37℃台から下がりません」

子どもが1歳6カ月の時に初めて39℃を超える熱を出し、咳と鼻水の症状がありました。小児科を受診したところ風邪と診断され、熱冷ましの座薬と抗生物質、咳と鼻水の薬をもらいました。熱は40℃まで上がり2日程で微熱まで下がりましたが、そこから全く下がりません。1カ月経ちますが、夜になると何日も37.3℃~37.6℃の状態が続きます。平熱が36.9℃だからでしょうか?咳や鼻水の症状は治まりましたが、このまま家で様子を見るべきでしょうか。(30代・女性)

2歳までは体温調節機能が未熟。37.4℃までは平熱と考えて

2歳までは体温調節機能が未熟なため、体温が安定しないようです。37.4℃までは平熱と考えても大丈夫です。

微熱の場合は、病院に行くか行かないか判断に困ると思いますし、確かに小さい子どもは平熱が高いのでどこから発熱か判断しにくいと思います。大人でしたら37℃を超えると微熱と考えますが、子どもの場合は37.4℃までは平熱と思っていいでしょう。気温や生活環境にも左右されますが、一般的に子どもは夜の体温が高く朝が最も低くなります。この差が1℃以内で元気にしていれば、心配ないでしょう。(看護師)
お子さんの平熱は36.9℃あるようですが、乳児から学童まではその平熱の高さは珍しくありません。お子さんは1歳7カ月なので、特に体温調節機能も未熟な状態です。ちょっとしたことで体温が上がりやすいですし、2歳児頃の平熱は36℃前後~37℃前後とされています。(看護師)

微熱が続くようなら病院へ。熱以外の体調もチェックして

微熱が続く場合は、まだ病気が治っていなかったり他の病気の可能性も考えられます。熱以外の体調もチェックして、場合によっては病院を受診しましょう。

高い熱が下がって微熱になったようですが、微熱がどのくらいの期間続いているかによって対応が異なります。しかし数週間も常に37℃台で36℃台に下がらない場合は、炎症が残っていたり別の病気の可能性もありますので病院を受診しても良いでしょう。特に小さなお子さんの場合は、中耳炎が残存しており微熱が続くこともよくあります。今回は鼻風邪だったようですし、一度受診されてみた方が良いと思います。(看護師)
子どもの病気で熱が出るのは、ほとんどが38℃以上です。高熱が出た後、病気が完全に治らずにしばらく微熱が続くこともあります。何となくいつもと比べて元気がない・食欲がない・耳を痛がるなどの場合は、病院を受診してみて治療が不完全な病気がないかを確認する必要があります。(看護師)

2歳頃までは、体温調節機能がまだ十分に発達していないため体温が上がりやすいです。37.4℃くらいまでは平熱と考えてよいようですが、中耳炎をはじめとして病気がくすぶっていることもありますので、微熱が続くようなら病院を受診しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加