虫・動物のトラブル

夏の海で要注意のクラゲ、万が一刺されたらどうするの?

夏の海水浴は楽しいものですが、怪我などに気をつけなければなりません。海の危険のひとつにクラゲがあります。万が一クラゲにさされた場合、どう応急処置をすればよいのか、病院に連れて行くべきなのか医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイトなるカラに相談がありました。薬剤師さんはどのように答えているのでしょうか?

ママからの相談:「もしクラゲに刺されたら応急処置をしたり、病院にいったほうが良いのでしょうか?」

子供と一緒に海水浴に行く予定だが、もしクラゲに刺されたら応急処置は必要なのか、また病院にすぐに連れて行くべきなのか悩むママから相談がありました。

お盆に子供(6歳、4歳、1歳)をつれて、海水浴に行く予定です。私の田舎で日本海側の海なのですが、気になるのがクラゲです。私も昔ここで泳いだときに、クラゲに刺された記憶があります。クラゲに刺された場合、何か応急処置的なことをした方が良いのでしょうか?病院にいく場合は、クラゲに刺されたらすぐに病院に行ったほうがよいのでしょうか?それとも、刺された後は子供が元気であれば、しばらくたってからでも大丈夫なのでしょうか?(30代、女性)

クラゲに刺されないように、Tシャツなどを着たり、クラゲよけの商品を使うと良いです

まずはクラゲに刺されないための予防策として、Tシャツを着たり、クラゲよけの商品を使うと良いとアドバイスがありました。

予防としてTシャツやラッシュガードなどを身に付けることをおすすめします。日焼け防止にも役に立ちますよ。また、クラゲ除けの商品もありますので、そういう商品も活用すると良いでしょう。 (薬剤師)

クラゲに刺されたら触手を取り除き、万が一アナフィラキシーが起きたらすぐに病院へ!

もしクラゲに刺されたら丁寧に触手を取り除いて、冷やしたり薬を塗るなどの処置を行います。刺された後でも元気があれば病院に連れて行く必要はありませんが、痛みや腫れがひどかったり、アナフィラキシーを起こしている場合はすぐに病院へ行くよう教えてくれました。

万が一刺された場合、クラゲの触手が残っている場合があります。その場合には決してこすらずに、丁寧に取り除いてから、海水で十分に洗い流してください。この際、真水で洗うと浸透圧の違いで刺胞が破れ、毒液が体内に流れ込むことがあるので避けてください。また、タオルでこすったりはたいたりするのも避けてください。十分に洗い流した後は冷したり、赤みがあればステロイドの炎症止めの塗り薬を塗っても良いでしょう。薬局の薬剤師に相談すれば、適切な商品を紹介してくれます。 (薬剤師)
病院に行くかどうかの目安ですが、痛みが強くなく、お子さんの様子が元気でしたらそのまま様子を見てください。腫れや痛みが強いようでしたら早めに症状を取ってあげるという意味で、早めに病院に連れて行くことをおすすめします。 心配でしたら遠慮せずに近くの薬局や病院にいって、刺された部位の状態をみてもらってください。アナフィラキシーが起きてしまった場合、症状はとても速く進行していきます。刺されてから数分以内に脈が激しくなったり、まぶた・顔・首などが腫れてしまう、呼吸困難が見られた場合、救急車を呼んででもすぐに病院に行くべきだと考えます。 (薬剤師)

まずは刺されないための対策をとり、もし刺されてしまった場合も適切な処置を知っていれば安心です。安全に楽しい時間を過ごして、素敵な思い出を作ってくださいね。


2014/08/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)