単純ヘルペス感染症

2017/08/08

ヘルペスで登園お休み中、買い物に連れて行って大丈夫?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

ヘルペスで登園お休み中、買い物に連れて行って大丈夫?

口唇ヘルペスで1週間幼稚園を休むよう指示されている子どもについて、質問がありました。本人はそんなに痛がっていないようですが、一緒に外出することは問題ないのでしょうか。

ママからの相談:「ヘルペスの痛みが引けば外出することは可能でしょうか?」

子どもが口唇ヘルペスになりました。受診した病院の先生から1週間程度幼稚園を休むように言われたのですが、買い物など、近所への外出も避けた方がいいのでしょうか。子どもは、たまに痛い・気になるという様子で酷く痛がっている様子はありません。体力が有り余っているようなので多少は腫れていても痛みが治まっていたら人が少ない時間帯に買物に連れて行こうと思っていますが、次回の受診を待たずに外出しても大丈夫でしょうか。(30代・女性)

感染拡大の恐れあり、外出は極力控えて

周囲への感染拡大の危険がありますので、幼稚園以外の場所への外出は出来るだけ控えたほうがいいでしょう。

基本的には口唇ヘルペスの症状が出ている時には周囲に対する感染力が強いため、可能であれば自宅で様子を見るのがベストだと思います。(小児科専門医)
口唇ヘルペスで幼稚園を休むように指示されたのは、ヘルペスウィルスを周囲へ感染させてしまう可能性があるからではないでしょうか。感染させてしまう可能性がある限りは、外出を控えてください。(看護師)
「通園させない」ということは、通園させなければ他は自由に過ごしていいということではありません。特に5歳のお子さんは、ウィルスが付着した手で外出先のいろんな物を触ったりすることでしょう。そのウィルスが誰かに付着して感染を拡大させてしまうこともあります。(看護師)

止むを得ず外出する場合の注意点

どうしても子どもを連れて外出しなければならない場合は、感染拡大を防ぐための配慮が必要です。さらに、紫外線にさらされると治りが遅くなることも指摘されています。

口唇ヘルペスは、唾液などに接触することで他人へ感染します。また唾液中に排泄されたウィルスは、自然環境中でもしばらくウィルスが生存しています。そのため、もし外へお子さんを連れて行くのであれば1.唾液のついた手などで物を触らない、2.触ってしまった場合は消毒する、などの予防をすることが大切です。(小児科専門医)
周囲への配慮は当然ですが、本人の症状の悪化も気にかけましょう。口唇ヘルペスウィルスは、紫外線にさらされることで症状の軽快が遅れるともいわれています。(看護師)

本人に痛みなどの症状が無くても、感染拡大予防の観点から外出は極力控えることが望ましいです。止むを得ず外出する場合は、唾液を介した感染拡大や紫外線を防ぐ配慮が必要のようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加