妊娠初期の出血 

出血で流産予防に使われる薬を処方された…流産の危険があるということ?

妊娠5週で出血が起こり、流産予防に使われる薬を処方された妊婦さんから相談です。流産の可能性があるという意味なのかと不安になっているようですが、専門家はどのように答えているでしょうか。

妊娠3カ月のプレママからの相談:「流産予防に薬を飲まなくてはならないのでしょうか」

妊娠検査薬で陽性になり喜んでいましたが、妊娠5週に入ってすぐに出血が始まりました。自宅から最も近い産婦人科を受診したところ、お薬を処方されました。ネットで調べると流産の予防になると書いてあり、とても不安になりました。先生には妊娠初期の出血はよくあることと言われましたが、私は流産の可能性があるから薬を飲まなくてはならないのでしょうか。出血は治ることなく、生理の終りかけのような茶色い出血が出続けています。(30代・女性)

妊娠初期の出血はよくあること

妊娠初期はなぜ出血が起こりやすいのでしょうか?

妊娠初期は、ママから赤ちゃんに酸素や栄養を送る役割を持つ胎盤が作られていないため、とても不安定な状態です。そのため、赤ちゃんに染色体異常がみられたり何らかの理由で育たない理由がある場合、流産となります。症状の一つとして出血がみられます。(助産師)

妊娠初期の出血はよくあることですぐに流産につながるわけではありませんが、流産の可能性も念頭に置く必要があるようです。

妊娠初期の出血自体は比較的多くの妊婦さんが経験することであり、その後の妊娠経過に必ずしも悪影響があることを意味するものではありません。しかしながら、中には流産の危険性を示唆する場合もあります。(小児科専門医)
おっしゃるように妊娠初期の出血はよくあることで、出血したからといってすぐに流産が疑われるわけではありません。しかし、出血があるということは、何らかのトラブルが起きており、流産も念頭に置かなければなりません。特にお腹の張りや痛みを伴う出血・塊が出る・潜血の出血・数日も続く出血は、注意しなければなりません。(看護師)
流産は、治療によって妊娠を継続できる切迫流産や赤ちゃんの心拍が聞かれない自然流産などがあります。妊娠初期の流産の原因は、赤ちゃん側の染色体異常による場合が多く、流産を止められない場合もあります。治療によって妊娠を継続できるのであれば、安静に過ごすと共に確実な服用が必要となります。(助産師)

指示通り服薬し、安静に

流産予防に使われる薬は、妊娠継続のために大事をとって処方されたのだと思われます。指示通り服薬し、トイレ以外の活動を控えて安静にして過ごしましょう。出血が続くようなら、再受診も検討したほうがいいでしょう。

流産予防に使われる薬は、黄体ホルモンを補い子宮環境を整えることで不妊症の治療に使用されたり、切迫流産や切迫早産を予防する目的で使用されます。医師は流産予防のために処方したと思いますから、医師の指示通り服用してください。出血が続いているのでしたらトイレ以外の行動は控えて、できるだけ安静にしてください。(看護師)
病院でもらったお薬には、妊娠中に母体から分泌される妊娠継続に関するホルモン成分が含まれており妊娠を継続させる効果があります。先に述べた通り、出血はよくあるとはいえ流産を示唆することもありえます。そのため大事をとってこの薬を処方されたとも考えられます。(小児科専門医)
今現在も出血している状況であるため、処方された意味合いを再度確認するためにももう一度かかりつけの先生を受診されることをお勧めします。(小児科専門医)

妊娠初期の出血はよくあることで、必ずしも流産の心配をする必要はないようです。しかし、流産を示唆する場合もあり得るため大事をとって処方されたのではないかという見解でした。指示通り服薬して安静にし、出血が続くようなら早めに受診しましょう。


2017/09/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)