会陰切開の傷

会陰切開の傷が1カ月たっても痛む…このままで大丈夫?

出産時に会陰切開をした傷が、1カ月経ってもまだ痛むため心配しているという相談が寄せられました。産後の安静が足りなかったのか、このまま時間が経てば治るのかという質問に対し専門家たちはなんと答えているでしょうか。

産後1カ月のママからの相談:「会陰切開の傷の痛みが治りません」

出産の時に会陰切開をして傷を縫ってもらったのですが、産後1カ月経っても痛みが続いています。今回は3人目の出産で、1人目・2人目の時は1カ月経てば治っていました。3人目ということもあり里帰り出産が出来ず、産後に安静にしていることも出来なかったため家事をしていたのが原因でしょうか。1カ月健診の時には、傷跡は問題ないと言われました。今はなるべく家事は最低限のことしかしないで横になるようにしていますが、このまま何もせずに時間が経てば治るでしょうか。(30代・女性)

縫合に使った糸によって違いが出ることも

会陰切開は3cmほどの傷ですが、縫合に溶ける糸を使った場合は糸が吸収されるまで痛みが続くこともあります。

会陰切開は、分娩時に会陰が充分に伸びず裂傷の可能性があると判断された場合に、あえて会陰部を切開することです。通常3cmほど切開し縫合しますが、会陰の状態をみながら溶ける糸を使うか溶けない糸を使うかは医療機関により異なります。痛みの期間は個人差がありますが、溶ける糸の場合糸が吸収されるまで痛みが続くことがあります。溶けない糸の場合は、1週間ほどして抜糸すると痛みを感じなくなる方が多いようです。(看護師)

医師が見て問題なければ経過観察を

健診時に医師が見て問題ないと言われたのであれば、時間とともに改善が期待できるようです。陰部を清潔にして刺激のないようにし、腫れなど感染のサインが見られたら受診してください。

痛みがあるということですが、健診の際に医師に確認してもらい問題ないと言われているため、時間が経てば治ると思われます。傷痕に関しては赤みや熱を持つ、腫れるなど目に見えて異常がなければひとまず経過をみてください。今挙げた状態があるようでしたら、その時は傷が感染を起こしているかもしれないので受診することをお勧めします。安静にしなかったことが必ずしも原因ではありません。(看護師)
軽い痛みや違和感は、1カ月くらい続く場合もあります。傷跡が問題ないのでしたら、時間の経過で改善されるでしょう。トイレの後は陰部を清潔にしたり、座る時はドーナツクッションを使用して傷口に刺激を与えないようにしてください。傷の回復を早めるためもありますが、産褥期は無理をしないことが大切です。疲れたら横になって、家事は家族にも協力してもらってください。(看護師)

会陰切開の縫合に溶ける糸を使った場合は、糸が吸収されるまで痛みが続くことがあります。医師が問題ないと判断している場合は、時間の経過とともに改善することが考えられるため、ひとまず経過を見てはいかがでしょうか。


2017/09/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)