会陰切開の傷

2017/09/08

会陰切開後の痛みが酷かったため、次回の出産時が不安です

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

会陰切開後の痛みが酷かったため、次回の出産時が不安です

第1子出産後も会陰切開の痛みが酷く、睡眠や母乳に影響したというママから次の出産も同じようになるのが心配だという悩みが寄せられています。溶けない糸で縫合する方が痛みが少ないといわれますが、糸の種類などを医師に要望していいのでしょうか。

ママからの相談:「会陰切開の処置について」

第1子出産時、会陰切開後に溶けない糸と溶ける糸の両方で処置をしました。溶けない糸は産後入院中に抜糸があったのですが、溶ける糸は当然抜糸はありませんでした。私の場合退院後もなかなかむくみが引かず、1カ月健診での痛み止めの処方も少なかったため、痛みの強いうちに使い切ってしまいました。その後は寝返りの度に目が覚めてしまい、よく眠ることも出来ません。母乳の出が悪くなっていき、母乳は結局止まってしまいました。周囲に聞いてみたところ、やはり私の痛み方は酷かったようです。この先第2子を授かった時が不安なのですが、医師にお願いすれば例えば溶けない糸でなるべく抜糸するなど対策を考えて頂けるのでしょうか。それとも我慢するしかないのでしょうか。(30代・女性)

痛みが強い時は我慢せずに相談を

痛みが強い時は、痛み止めを増やしたり感染があれば抗生剤を使うなど何らかの対処方法があります。我慢せずに医師に相談しましょう。

溶ける糸を使ったから痛みが酷いわけではないと思います。溶けない糸を使えば痛みが出ないわけではありません。吸収糸を使ったけれども、偶然痛みが酷かったのでしょう。痛みが強い場合は、痛み止めを増やすことができます。次回の出産の際に痛みが強いのであれば、我慢せずに医師に相談して下さい。(看護師)
痛みが強かったのであれば、感染なども考えられます。もし患部の状態に痛みのほか腫れる、赤くなる、熱を持った感じがするなど感染症の兆候や異常があれば、抗生剤などを使用することも出来ます。痛いのであれば我慢せずに予約以外であっても受診してみて下さい。痛い時に痛み止めを飲むのではなく、食後など決まった時間に飲むなどの対処を行うことが出来ます。(看護師)

糸の種類も希望を伝えることが可能

溶けない糸を使ってほしい、と医師にリクエストするのは問題ないようです。また、溶ける糸でも抜糸してもらえますので、まずは相談してみましょう。

溶ける糸を使うか溶けない糸を使うかは医師の方針もありますが、希望があればお伝えして良いと思います。どちらが良いかはそれぞれで、溶けない糸を使った場合、抜糸しなければならない・傷の治りが早かったという意見があります。溶ける糸では、抜糸の必要がなくてよかった・糸が溶けるまで痛みが続いた・糸が溶けた後もしこりが残ったなど、メリットとデメリットがあります。(看護師)
病院によっては溶ける糸を使用しても、希望すれば退院前に抜糸してくれるところもあります。前回の体験を踏まえて、医師に相談して下さい。(看護師)

痛みが酷い時は我慢せず、医師に相談しましょう。痛み止めを増やすなど対処してもらえるほか、溶ける糸・溶けない糸についても希望を伝えて問題ないようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加