会陰切開の傷

会陰切開部位がしこりになり、1年たっても治りません

会陰切開・縫合後、陰部にしこりを感じるようになり、1年経った今も治らないという悩みが寄せられました。一度受診が必要かどうかについて、看護師さんたちは何とアドバイスしているでしょうか。

産後18カ月のママからの相談:「会陰切開部位のしこり」

長女を出産した時に会陰切開をしましたが、切開した以上に裂けてしまいました。出産後に縫合してもらい、産後1カ月健診では問題ないと言われ、安心していました。産後2カ月くらいの頃に、トイレで拭く時に陰部にしこりのようなものがあるのに気が付きました。場所は会陰切開後に縫合した場所で、触っても痛みはありません。1カ月健診で特に何も言われなかったので、いつか治るだろうとそのまま放置して1年半が経ちますが、未だに治りません。一度病院に行った方が良いでしょうか。(30代・女性)

糸の残り、傷跡、感染からの肉芽?それとも脂肪腫?

しこりの原因としては、溶ける糸の溶け残りや、傷跡がしこりになる場合、また雑菌が入って感染を起こした場合のほか、脂肪腫なども考えられます。皮膚科の受診が提案されています。

溶ける糸は通常、1カ月くらいで体内に吸収されますが、体質によっては1年ほど経っても糸が溶けきれずに、しこりとなって残る場合があります。また、どちらの糸を使用した場合でも、傷跡がしこりになる場合もあります。さらに産後数カ月が経過しても、雑菌が入って感染を起こし、回復する過程の中で皮膚の組織が元に戻ろうと傷を埋めて修復します。この場合、自然に治ることもありますが、感染と判断された場合、抗生剤での治療が必要になります。(看護師)
しこりになってしまっているのであれば、皮膚科などを受診してみてはいかがでしょうか。痛みが無いしこりであれば、脂肪腫などが考えられます。会陰切開との因果関係は定かではありませんが、1年以上もの期間残っているのであればそのまま放置せずに医療機関を受診されることをお勧めします。(看護師)

痛みや痒みがなければそのまま様子を見ても

症状がなければ、受診するかどうかは自分の気持ち次第のようです。気になる、治したい場合には受診しましょう。

デリケートな部分ですので、症状がないと受診にためらいもあるとお察しします。症状がないため今現在は困っておらずそのままでも良いと思うのか、治療方法があるのであれば治療したいと思うのかは個人差がありますので、相談者さん次第です。(看護師)
痛みや痒みがなければ、そのまま様子を見て良いと思います。気になるようでしたら、病院を受診して下さい。デリケートな部分ですから、洗いすぎたりゴシゴシこすったりせず、清潔にして下さい。(看護師)

会陰切開後の陰部のしこりは、糸の溶け残りや傷跡、感染や脂肪腫などさまざまな原因が考えられます。症状がなければそのまま様子を見てもよいですし、気になる場合は受診しましょう。


2017/09/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)