産後のむくみ

2017/10/01

産後のむくみを解消したい…授乳中にカリウム摂取は大丈夫?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後のむくみを解消したい…授乳中にカリウム摂取は大丈夫?

産後のむくみに悩んでいるママからの質問です。むくみ解消にカリウムを多く含む食品を食べたいけれど、授乳中であるため、赤ちゃんへの影響を心配しているようです。専門家たちはどのようにアドバイスしているでしょうか。

ママからの相談:「産後のむくみにカリウムの多い成分は摂ってもよいの?」

むくみがある時には、カリウムを多く含む成分を取ると効果的であると聞きます。カリウムを含む成分は、きゅうりやバナナ等がありますが、産後カリウムが多めと言われる食品を積極的に食べてもよいのでしょうか。授乳中であるため、食事の取り方には気を付ける必要があることは理解しています。しかしむくみも改善したいので、カリウムの多い食品を積極的に摂取していきたいと思っていますが、赤ちゃんに問題はないでしょうか。(40代・女性)

摂り過ぎを心配する必要はない

カリウムは、意識して摂っても不足しがちになる成分です。カリウム摂取を心がけつつ、バランスの取れた食事をするようにアドバイスいただきました。

妊娠中・産後のむくみの解消には、積極的にカリウムを摂るようにと勧めています。相談者さんがおっしゃるように、カリウムは果物や野菜に含まれていますが、一日に必要なカリウムを食材から摂取しようとすると、バナナは毎日4本程度、きゅうりですと毎日10本は食べ続けなければならないことになります。(産科看護師)
また、カリウムは水に溶けやすく調理の段階で失われるため、心がけて摂っても、普段の食事では摂り過ぎることはなく、むしろ不足しがちになります。極端にカリウムを多く摂る必要はありませんので、カリウムを多めに、バランスのとれた食事を摂ってください。(産科看護師)

むくみ解消につながる間接的要素

カリウム摂取だけでなく、運動や規則正しい生活習慣、減塩などもむくみ解消につながるようです。

適度に運動することや十分な睡眠を取り、規則正しい生活習慣を送ることは、むくみの解消に間接的に効果が現れると思います。塩分なども控えめにして味付けを薄味にすることや、出汁などを取って料理をされることもむくみの解消の一助になります。味噌汁などに、カリウムを多く含むわかめや豆腐を活用することもお勧めです。(内科看護師)

カリウムは、意識して摂っても不足がちになる成分です。カリウムを多めにしつつもバランスの取れた食事をするとともに、運動や減塩なども心がけ、多角的にむくみ対策を行うとよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加