妊娠初期の出血 

妊娠初期の出血、のちに切迫早産になったこととの関係は?

今回の相談者さんは、妊娠初期に出血があり安静を指示されました。のちに切迫早産になって1カ月早く生まれたことと妊娠初期の出血には、関係があるのでしょうか。

ママからの相談:「初期の出血と早産には関係があるのか」

妊娠初期の頃、立ち仕事をしていました。その時に茶色のおりもののようなものが下着に付いていて、病院に行くと出血していると言われました。子宮の中にも出血箇所が何箇所かあるから安静にと言われ、仕事を辞め家で安静にしていました。安定期になると出血は止まり、胎児も大きく育ちました。しかし正期産まであと少しという時に切迫早産になり、予定日より1カ月早く生まれてしまいました。初期の出血と早産には、何か関係があるのでしょうか。(20代・女性)

出血や早産の原因はさまざま

妊娠初期の出血にも切迫早産にも様々な原因があり、原因が突き止められないこともあるようです。原因となる疾患がある場合には、出血と早産が関係していることも考えられるそうです。

妊娠初期の出血には多くの原因があり、受精卵が着床することによるものや妊娠に対してホルモン環境が変化することによるものなど、妊娠経過そのものに全く影響のないものもあります。一方で、早産の原因には体質的なものや子宮頚部を通して細菌が子宮内に感染を引き起こすこと(子宮内感染症)が原因になることがあります。(小児科専門医)
切迫早産の主な原因は、絨毛羊膜炎・子宮頸管無力症・子宮筋腫・羊水過多・疲労やストレスなど様々です。切迫早産の原因は、母体側にある場合・胎児側にある場合・原因が不明な場合などがあり、明らかな原因疾患が無い場合は、原因が追求できないこともあります。例えば、子宮頸管無力症や子宮筋腫などの既往症がある場合には、初期の出血と中期以降の切迫早産の両方が関係している可能性があります。(看護師)

関係の有無は一概に判断できない

初期の出血と切迫早産の原因が明らかでない状況では、必ずしも両者に関係があったとはいえないようです。

ご質問内容にある妊娠初期に出血した原因が何だったのかも判らないところもありますし、最終的に早産に至った原因も明らかではないので、必ずしも早産と関連があるかどうかは判断しがたいところです。妊娠初期に出血があっても、安静にすることで最終的に出産まで妊娠が継続できた方もたくさんいらっしゃいます。(小児科専門医)
一方、切迫早産を引き起こす原因疾患がない場合は、無理な運動や仕事による疲労やストレスなどが原因となっていた可能性もありますので、一概に初期の出血と関係があったかどうかは判断できません。妊娠中は全周期において、無理はしないようにしましょう。(看護師)

妊娠初期の出血も、切迫早産も、原因は様々あるようです。原因疾患がある場合には両者の関連が考えられるケースもありますが、そうでない場合、関連の有無は判断しがたいようです。


2017/10/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)