便秘

妊娠中の便秘薬の服用、子供への影響はないの?

女性はもともと便秘になりやすい体質と言われており、頑固な便秘に悩む人も多いことと思います。以前から便秘気味だったのが妊娠後さらにひどくなり、便秘薬を服用したいが大丈夫かという相談に対し、看護師さんたちが回答しています。

妊娠中の便秘薬についての相談:「便秘が辛い。妊娠中でも便秘薬の服用は可能?」

以前から慢性的な便秘でいつも便秘薬を持ち歩いていましたが、妊娠後は身体に悪いと思い服用をやめていました。でもこれまで以上に便秘が酷くてお腹が苦しく、妊娠のため苦しいのか便秘で苦しいのかもよくわかりません。便秘薬を服用しようかと迷っていますが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。 (20代・女性)

妊婦さんでも服用可能な便秘薬はあります

妊娠中はお腹の赤ちゃんを思って、つい薬の服用を我慢してしまう人も多いでしょう。しかし妊婦さんでも安全に服用できる便秘薬はあるので、運動や食事で改善しない際は主治医に相談してください。

妊娠中は大きくなった子宮の圧迫で腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなります。長期に渡り便秘が続いているのなら、腸内環境が悪く慢性的に腸の動きが鈍くなっているのかもしれません。食事や運動でも改善しなければ、薬の服用も必要です。妊婦でも使える緩下剤や、飲み薬が嫌なら座薬や浣腸もあるので、主治医に相談して安心して使える薬を処方してもらってください。(産科看護師)
便秘薬の多くは妊娠中でも服用が可能です。しかし、市販薬の中には妊娠時に服用できない物もあるので、念のため主治医に確認してから服用するか、妊婦でも使用できる便秘薬を処方してもらうとよいでしょう。(内科看護師)

運動と食事と十分な水分補給

便秘の解消のためには、適度な運動と腸内環境を整える食事、そして多めの水分補給が必要です。脂っこいものの摂りすぎや身体の冷えに注意する、また決まった時間にトイレに座るなどの習慣づけも大切なようです。

よく噛むことでお腹の動きもよくなるので、繊維質を多く含む根菜類・海藻類・キノコ類・果物などをしっかり噛んで召し上がるようにください。乳製品などで腸内環境をよくし、高脂肪のものや脂っこいもの、洋菓子やチョコレートなどの甘い物は消化が悪く便秘になりやすいので、控えるようにしましょう。(産科看護師)
妊娠すると羊水や赤ちゃんの血液を作るため水分不足になりやすく、便が硬くなり便秘にもなりやすいです。水分は1日に2000mlを目安に多めにとるようにしてください。ゴボウ茶には食物繊維が含まれ、利尿作用もあり便秘やむくみにもお勧めですが、効きすぎると下痢になることもあるため飲みすぎには注意しましょう。(産科看護師)
下半身を冷やさないようにし、散歩などの軽い運動やお腹のマッサージで腸の動きをよくしましょう。便意がなくても決まった時間にトイレに座り、排便の習慣をつけてください。(産科看護師)
妊娠すると血の巡りも悪くなる上に水分バランスが崩れ、むくんだり便秘になる人も多いです。野菜は必ず摂って、適度な運動と水分補給をするようにしてください。(内科看護師)

妊娠中でも飲める便秘薬はあるので、辛い時は担当医に相談するとよいでしょう。また日頃から、腸内環境を整える食事や自然な排便を促すための生活習慣にも気を配るようにしてください。


2015/05/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)