おしっこ・うんち

夜は一度も起きないのに日中だけトイレが近い6歳児…原因は?

今回は、6歳の男の子についての相談です。学校から自宅へ帰ったあと何回もトイレに行くのですが、一度寝ると朝までトイレに起きることはなくおねしょもしないようです。昼間だけ頻繁にトイレに行くのは、何が原因なのでしょうか。

6歳児のママからの相談:「起きている間だけ頻尿なのは病気が原因?」

6歳の長男の頻尿に悩んでいます。水分は普通に摂っていて多くも少なくもないので頻尿では無いと思うのですが、学校から帰ってきて夕食前にトイレに2~3回は行き、しっかり出ています。夕食後も就寝前までに3~4回は行きます。就寝前に身体のためにしっかり水分は摂らせるのですが、寝ている間はほとんどトイレに行かずお漏らしもしていないので不思議です。起きている間によくトイレに行く病気などあるのでしょうか。(30代・女性)

頻尿には精神的なものが原因となっている場合も

子どもの頻尿には、2つの原因があるようです。病気だけでなく、精神的なものから来る可能性もあります。

稀なものも含めると、頻尿の原因は、膀胱炎を含む尿路感染症や糖尿病などがあります。しかし、お子さんの場合は精神的なものが関与した頻尿という印象です。診察や検査で明らかな原因が特定出来ないにも関わらず頻尿があるケースは、幼稚園児から学童期低学年にかけて比較的よくみられます。多くはちょっとしたストレスが関係しており、習い事を新しく始めた、友達と喧嘩した、親に叱られたといった状況がほとんどです。(小児科専門医)
子どもの頻尿には、物質的な疾患が原因のものと心因性のものとがあります。心因性のものは、不安・緊張などが原因となります。夢中で遊んでいる時や何かに集中している時にはトイレを忘れますが、何か不安なことがあれば頻回にトイレを気にします。ご飯の前や寝る前にトイレに行かなければという思いから、頻尿になっているかもしれません。(看護師)

トイレについての声かけは控えて。子どもの気持ちに寄り添って

些細な環境変化やストレスが原因になることもあるようです。トイレについての声かけはせず、子どもを安心させてあげましょう。

「ご飯の前にトイレに行って」といった声かけは控えましょう。またお子さんがトイレに行っても「また?」「さっき行ったでしょ?」など言わずに見守って下さい。水分は控えなくても良いですが、身体を冷やさないようにしましょう。また、お子さんとスキンシップを図り不安を取り除いてあげて下さい。(看護師)
お子さん自身も、何故そんなにトイレに行くのか説明できないと思います。一人になれる環境(=トイレ)に、無意識のうちに逃げ込んでいることが多いです。ちょっとした変化でも構いませんので原因となりそうなものを振り返りつつ、時間的にお子さんが変化に慣れることが出来るよう寄り添うことが大切です。(小児科専門医)

子どもの頻尿は病気だけでなく、精神的なものから来ることがあるようです。トイレのことはあまり指摘せず、子どもの気持ちに寄り添いましょう。


2017/09/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)