調査・アンケート

2017/08/25

妊活は「ふたりで一緒に」赤ちゃんが欲しい男女へ意識調査

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

妊活は「ふたりで一緒に」赤ちゃんが欲しい男女へ意識調査

妊活の現状を意識調査

日清食品株式会社は、第一子妊活中の30代男女200人への意識調査を実施し、調査結果を発表しています。

晩婚化などの要因により、女性の第一子出産平均年齢は上がってきております。厚生労働省の調べによると、2016年は30.7歳まで上がっています。今回の調査結果から、妊活の現状を垣間見ることができています。

9割以上の女性が「自分が妊娠できるか不安」

「あなたは子どもを授かるかどうか、不安はありますか」の質問に対して、95%の女性が「不安がある」と答えています。さらに、男性にも同じ質問をしたところ、87%が「不安がある」と答えています。

女性の初婚年齢が上がっていることや、出産年齢も上がっていることが不安につながっていることがうかがえます。

男性の9割以上が妊活は必要

「あなたは子どもを授かるために、婚活は必要だと思いますか」との質問に対し、女性の97%が必要、男性の91%が必要だと回答しています。

今回の調査から、女性だけでなく男性も妊活が必要だと認識していることがわかっています。

夫婦で取り組む妊活

「あなたが妊活に関連してやりたいことを教えてください」という質問を女性にしたところ、「毎日、男女共用で使えるサプリメントを一緒に摂る」が83%と回答しています。さらに、「あなたは妊活に役立つサプリメントを摂取していますか」という質問したところ、「今摂取している」と答えた女性は48%にとどまっています。

今回の調査から、女性の「夫にも、毎日一緒に体調管理をしてほしい」という気持ちがうかがえます。妊活を始めた女性に必要な理想な夫は、女性の気持ちに寄り添ってくれる「添いメン」だと言えます。

参考サイト

日清食品株式会社 プレスリリース(PR TIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加