調査・アンケート

30~40代で妊活中の女性の5人に1人は不妊治療に取り組む

妊活に関する調査

株式会社F Treatmentは運営する不妊治療netで、20代〜50代の女性を対象に意識調査を行ったことを発表しています。年代別の妊活の実態がうかがえる調査結果となっています。

20代~30代女性は10%以上もの人が妊活

「現在妊活を行っているか」という質問の年代別の回答を見てみると、20代で11%、30代で13%、40代で5%、50代以上で2%になっています。20代~30代の女性は10%以上もの人が妊活を行っている結果となっています。

30代~40代の女性は約20%が不妊治療に取り組む

妊活を行っていると回答した方に具体的な取り組みについても調査しています。日常生活の範囲での妊活である「体の冷えを防ぐ」「食生活の改善」などは30代の80%が行っています。日常生活で行える妊活は、40代よりも20代、30代の方が行っている傾向が見られます。また、病院への通院を伴う不妊治療は20代よりも、30代~40代の方が取り組む傾向が見れらます。不妊治療に取り組む30代~40代は約20%になっています。

何人目の子どもの妊娠のために不妊治療を実施したのか

不妊治療経験者に対して、「何人目の子どもの妊娠のために不妊治療を実施したか」についても質問しています。回答の結果、約75%の方は1人目の妊娠のために不妊治療を開始したことがわかっています。また、2人目の妊娠のために不妊治療を開始した方は約20%になっています。

参考サイト

株式会社F Treatment プレスリリース(PR TIMES)


2017/09/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部