産後の生理

2017/09/06

産後、以前より短くなった生理周期。様子見で大丈夫?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後、以前より短くなった生理周期。様子見で大丈夫?

生理周期には個人差があり、出産を機に変化することもあるようです。妊娠前よりも生理周期が短くなり、ピルの服用も考えているがなかなか踏み切れないという相談に対し、看護師さん達からのアドバイスです。

生理周期についての相談:「生理周期が20~24日と短く、ピルの服用も検討しています」

35歳で2人目出産後、生理周期が妊娠前より短くなりました。以前は26日周期くらいでしたが、産後4年の現在は20~24日周期と短いです。また月経前のイライラも酷く、些細な子どものイタズラに怒鳴り散らしてしまい、後で落ち込むこともしばしばあります。今後出産の予定は無いのでピルの服用も考えていますが、ピルは太るという話も聞いたことがあり踏み切れずにいます。ピルを服用すると、本当に太るのでしょうか?(30代・女性)

頻発月経に近い状態

生理周期が24日以内だと、「頻発月経」と呼ばれる状態のようです。産後は一時的に生理が乱れやすいですが、産後4年を過ぎても生理不順が続く場合は、一度病院を受診した方が安心でしょう。

生理周期が乱れてしまっているのは、相談内容にも書かれているストレスやイライラ等の精神的な要因もあると思います。気持ちの浮き沈みも激しいようですが、それが生理周期に関係しているのか、もしくは全く別の原因が隠れているのか一概には判断できません。頻発月経の状態ですし、一度婦人科に受診してみてはいかがでしょうか。(循環器内科看護師)
産後は生理が再開しても無排卵だったり、生理不順になりやすくなります。排卵は些細なことでも左右されるため、一時的に生理不順になっても心配無いですが、産後4年を過ぎても不順なままなら病院を受診した方が良いでしょう。(婦人科看護師)

一般的な治療に使われるピルは副作用が少ない

一般的に生理不順等の治療に使われるピルは、低用量~超低用量ピルのため副作用は少ないようです。ピルを飲むと、身体は妊娠しているのと同じ状態となります。

ピル服用前と、食事や生活習慣に全く変化が無いのに太るようならピルが原因かもしれませんが、ピルを飲んでいるからと言って必ず太ると言う訳ではありません。(循環器内科看護師)
産後のホルモンバランスの変化で、PMS(月経前症候群)の症状が強くなることもあります。生理不順やPMSの治療に使われるピルは低用量~超低用量で、副作用はほとんどないと言われています。ピルを服用して太るというのは、人工的に妊娠した状態になるため食欲が増したり、食べつわりの症状が出るためではないでしょうか。きちんと食事管理と体重管理を行えば、太る心配は無いでしょう。(婦人科看護師)
ピルの副作用と言うと、太ることを気にされる方がいらっしゃいますが、その他に、嘔気、嘔吐、乳房が張る、不正出血、頭痛などがあります。もちろん、ピルは薬ですので全く副作用がないということはありません。また、人によって副作用は異なります。内服を始めて1~2クールすると症状が落ち着く場合もあります。(助産師)

産後は、ホルモンバランスの変化により生理不順になりやすいようです。しかし、出産から4年経っており頻発月経に近い状態となっているため、ピル服用の件も合わせて受診してみるのが良さそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加