出生前検査

障害リスクが不安…35歳未満でも出生前診断を受けたい

第2子の妊活にあたり、障害児が生まれるリスクを不安に感じているという相談が寄せられました。年齢が35歳未満でも希望すれば出生前診断を受けられるかどうかについて、医師や看護師の答えを見てみましょう。

産後12カ月のママからの相談:「35歳に満たなくても出生前診断はできますか?」

これから第2子の妊活に取り組もうと考えている主婦ですが、出産時には30歳を過ぎています。一般的な高齢出産の範囲には入りませんが、決して若くもなく経済的体力的に余裕があるわけではないので、重度な障害の子が生まれるリスクを不安に感じており、できれば妊娠中に出生前診断を受けておきたいなと考えています。出生前診断は35歳以上からと聞いたことがあるのですが、30歳程度でも希望すれば出生前診断は受けることができますか。(30代・女性)

基本的には対象外。クアトロ検査なら対象となりうる

35歳未満で妊娠経過に問題ない場合は難しいだろうという指摘がありました。クアトロ検査の対象となりうるようですが、正確さは80%前後のようです。

出生前診断の対象は、35歳以上の妊婦・両親の家系で遺伝的な疾患がある場合・先天性異常の出産経験がある場合・一般的な妊婦検査で異常が見つかった場合に行われ、両親または本人が希望されれば、検査出来ると思いますが、35歳未満で妊娠経過に問題なければ難しいかと思います。また、検査出来る病院が限られているので、場合によっては遠方の病院で検査することもあります。(看護師)
30歳前後の妊婦さんでも対象となりうる出生前診断としては、クアトロ検査が挙げることができます。本検査では、胎児エコーに加えてお母さんの採血を併用することで結果が報告されます。対象疾患は、ダウン症候群、18トリソミー、開放性二分脊椎の3種類の疾患になります。検査結果の正確さについては、いずれの疾患においても80%前後の感度になっています。(小児科専門医)

検査するなら結果を受け止める心の準備を

検査で異常が見つかった場合にどうするか、慎重に考える必要もあるとのアドバイスがありました。

万が一、検査で異常が見つかった場合、出産するか中絶するかの葛藤が起こります。出産するとなると、障害を受け入れて子育て出来るか、中絶するとなると、障害を持ってでも産まれてこようとする命を、人工的に排除してよいのかという倫理的な問題も生じます。(看護師)
出生前診断は、胎児の先天性異常を知るための検査で、障害者なら中絶してよいと勧めるものではありません。検査を受けるのでしたら、結果が陽性だったときのことを慎重に考えて検査を受けてください。(看護師)

35歳未満で妊娠経過に問題なければ、基本的には出生前診断の対象とはならないものの、クアトロ検査の対象にはなりうるというアドバイスがありました。検査する場合は、結果が陽性だった場合のことを慎重に考える必要があることも心に留めておきましょう。


2017/10/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)