出生前検査

2017/10/26

出生前診断に夫が大反対…パートナーの同意なく内緒で検査できる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

出生前診断に夫が大反対…パートナーの同意なく内緒で検査できる?

出生前診断はパートナーに内緒で出来るものなのでしょうか。今回の相談者さんは20代の女性です。妊娠したら出生前診断をしたいと思っているものの、ダンナさんは大反対しています。検査にはパートナーの同意は必要なのでしょうか。専門家に聞いてみました。

出生前診断についての相談:「出生前診断とパートナーの同意」

現在一児の母で、妊活6カ月の主婦です。妊活当初は何も気にしていなかったのですが、日が経つにつれ、もしお腹の赤ちゃんに何か障害があったらどうすれば良いのだろうかと思うようになりました。上の子のことも考えると不安です。しかし夫に「もし妊娠したら出生前診断をしたい」と言ったところ、大反対されました。そこで相談なのですが、検査にはトリプルマーカーやクアトロテスト等のリスクの低い診断や羊水検査があると思いますが、どの検査であれば家族に内緒で出来ますか。それともどの検査も夫の同意などが必要なのでしょうか。(20代・女性)

検査は陰性前提ではない。陽性の時にどうするか考えておくべき

検査は陰性を前提として実施するわけではないとの声が専門家から寄せられました。陽性が出た時にどうするかを考えておく必要があるようです。

出生前検査は診断結果の陽性陰性に関わらず、遺伝的な要因を含む、非常にナイーブな検査内容です。スクリーニング段階で検査結果が陽性だった場合、羊水検査を含めた確定的な検査を実施するか否かの決定を迫られます。また、その先には赤ちゃんを流産すべきか否かの判断も必要になります。出生前検査は陰性であることを想定しておこなわれるべきではなく、陽性である場合にどうするかを考えておくべきものです。(小児科専門医)
医療機関によるところが多いのではないかと思いますが、検査をするからにはリスクが伴います。相談者さんだけに説明して、同意を得て検査をおこなったとしましょう。それで予期せぬ事態が起きた時に、家族の方から訴えられないためにも、本人と配偶者、つまりパートナーであるダンナさんの同意が必要です。(看護師)

日本医学会のガイドラインでは同意必要。夫婦でよく話し合って

日本医学会のガイドラインではパートナーの同意は必要なようです。夫婦でよく話し合うのが良いとのアドバイスがありました。

日本医学会「医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン」にもとづくと、配偶者が未成年である場合などを除いて配偶者の同意は求められるべきものと考えられています。ダンナさんが大反対された理由も何かあるかと思いますし、ご夫婦の意見をすりあわせるために充分話し合って下さい。(小児科専門医)
年齢からは決して高リスクではないように思いますが、妊娠した際には婦人科受診の際にそれとなく聞いてみてはいかがでしょうか。同意書のサインをしっかりもらうとしているところであれば難しいかもしれません。しかし夫婦揃って後ろめたさ等ないように、しっかりと日頃から話し合われることをお勧めします。やましいことがある時に限って検査の結果は良くないです。(看護師)

検査は陰性を前提とするものではなく、陽性の際にどうするかをあらかじめ考えておくべきとの意見が専門家から寄せられました。医療機関によってはパートナーの同意のサインを求められることもあり、日頃から夫婦でよく話し合っておくのが良いようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加