運動

妊娠中の運動不足が難産の原因になるって本当?

妊娠中の適度な運動は、妊娠中の体調管理や出産に向けて体力をつけたるために勧められています。自宅安静中で運動ができず心配するママに対して、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているのでしょうか。

妊娠中のママからの相談:「お腹が張るため自宅安静中ですが、身体を動かさないと難産になりますか?」

妊娠中期に入り、お腹が頻繁に張るようになりました。張り止めの薬を処方され飲み続けましたが治まらず、医師から自宅安静の指示が出てしまいました。妊娠中は、出産直前までしっかりと身体を動かした方が安産につながると聞いたのですが、自宅安静なので動けません。身体を動かさないとやはり難産になってしまうのでしょうか。(20代・女性)

個人差があり、安静にしていたからといって難産とはいえません

安静にしていたからといって難産になるとはいえません。運動をしていても難産になる人はいますし、お産の状態は、子供やお母さんの様子やそのときの状況によって変わるものです。

安静にしていたからといって難産になるかといえば、そんなことはありません。実際には妊娠中に運動をしていても難産になる人はいますから、陣痛がきてみないことにはなんとも言えないのです。出産にかかる時間は、赤ちゃんの大きさやお母さんの骨盤の大きさ、またそのときの状況によっても変わってきます。(内科看護師)

お腹が張るときは安静にし、無理をしてはいけません

お腹が張って自宅安静にすべきときは、軽い運動でも早産などのリスクが高まるので良くありません。張りが治まって安静が解除されれば運動を始めることもできるので、今は安静にしていましょう。

安産のために軽い運動を勧めていますが、お腹が張るときに軽くても運動をすると、陣痛につながり、早産のリスクが高まります。医師の指示通り、安静を心がけてください。運動を始めるのは妊娠後期になってからでもよいので、今は無理をしないようにしましょう。(産科看護師)
自宅安静を指示されている時は、妊婦体操やヨガなどの軽い運動であっても控えたほうが安全です。しかしお腹の張りが落ち着けば、自宅安静も解除されて運動できるようになりますので、心配する必要はありません。今は赤ちゃんのために、しっかり安静にしておきましょう。(内科看護師)

食事に気をつけ、体重管理をしながら体調を整えておきましょう

今は出産に備えて、食事内容に気をつけたり、体重をコントロールしながら体調を整えることを優先しましょう。

今は体調をきちんと整えておくことが大切です。出産に耐えることができるよう、貧血に注意してきちんとバランスのとれた食事を心がけること、体重が増加しすぎないようコントロールすることを気をつけましょう。(内科看護師)

妊娠中に身体を動かさないことで難産になるとはいえません。お腹が張っているときは安静を心がけ、食事や体重の管理などで体調を整えることを優先しましょう。


2015/05/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)