陣痛

2015/05/14

陣痛中の水分補給、どのような飲み方が適切?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

陣痛中の水分補給、どのような飲み方が適切?

陣痛から分娩までは、平均して数時間から10数時間もかかります。その間に行う水分補給はどのように準備したらよいかと悩むママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているのでしょうか。

妊娠中のママからの相談:「陣痛中の水分補給はどのようにしたらよいでしょうか?」

現在36週で、入院準備をしているところです。陣痛中の長時間に行う水分補給として、ストロー付きのペットボトルにお茶を入れて持参しようと思うのですが、一般的には、どのようなものを用意されているのでしょうか。そもそも水分補給などは産院で対応してくれるものでしょうか。(20代・女性)

飲み物はお好みで、ストローがあると便利です

飲み物を持参していく人が多いようです。分娩は長時間になるので、好みのお茶や清涼飲料があるとよいでしょう。またストローは、姿勢が変わっても飲みやすいので大変便利です。飲み物の用意があるかは産院によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

好みのお茶や清涼飲料などがあれば、持参して構いません。他の人もやはり自分の好きなお茶などを持参されることが多いです。長丁場になるので「これは絶対に欲しい」という飲み物を持参しています。ストローは出産中も産後も重宝しますので、ぜひ何本かお持ちください。(内科看護師)
産院によっては飲み物がついているところもありますが、ほとんどは自分で準備します。分娩には時間がかかることがありますし、汗もかきますから、飲み物を準備しておくのは良いことだと思います。少し倒れた姿勢になるので、ストローつきだと飲みやすくてよいでしょう。(内科看護師)
飲水のときに介助が必要であれば、看護師が手伝ってくれると思いますが、飲み物まで用意してくれるかは産院にもよるでしょう。入院の説明があると思いますので、事前に尋ねてみてください。(産科看護師)
その産院により違いはあると思いますが、冷水機があるところは多いです。また看護師や助産師に頼めばいつでも水は持ってきてくれます。(内科看護師)

念のため、飲み物の内容は医師に確認を

好みの飲み物であっても、体調によっては好ましくない成分が含まれているかもしれないので、念のため医師に確認しましょう。

基本的に飲み物は好みのもので構いませんが、成分によってはあまり好ましくないものがあるかもしれません。念のため、持参したものを飲んでも良いか、医師に確認しましょう。(内科看護師)

一般的に、陣痛中に飲むものや器は好みで用意して構いません。ただし成分に問題がないか、産院にも飲み物の用意があるかなどは、事前に確認しておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加