葉酸

2015/05/15

妊娠初期の葉酸サプリ、どのタイミングで飲むのがベスト?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠初期の葉酸サプリ、どのタイミングで飲むのがベスト?

お腹の赤ちゃんの脳や神経などが作られる妊娠初期、葉酸は欠かすことのできない栄養素です。妊娠8週目から葉酸サプリを飲み始めたが、タイミング的に遅すぎたのではと悩む相談者の方に、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

葉酸摂取についての相談:「妊娠8週目で飲み始めた葉酸サプリ。もう遅い?」

現在、妊娠12週目です。第1子の時は、妊活を始めた頃から妊娠期間中通して葉酸サプリを服用していました。今回、妊活を始めてから授かるのに時間がかかったため葉酸サプリは服用しておらず、慌てて飲み始めたのが妊娠8週を過ぎた頃ですが、問題なく子供は育つのでしょうか。第1子の時受診した病院では葉酸サプリの服用を強く勧められましたが、他の病院では特に何も指示はありませんでした。 (20代・女性)

今からでも葉酸の摂取は継続して

妊娠8週からの服用でも、遅いということはないようです。また葉酸は特に妊娠初期に必要な栄養素ですが、貧血予防のためにも妊娠期間中は継続して摂った方がよいと看護師さんは説明しています。

葉酸は妊娠初期に必要ですが、サプリメントだけでなく食事からでも摂ることはできますし、赤ちゃんの身体が大きくなる頃が一番大切と言われているので、そこまで慌てなくても大丈夫です。(内科看護師)
葉酸は、赤ちゃんの脳や神経を作る上で欠かせない栄養分です。胎児の脳や神経は妊娠初期に作られるため、それ以降は心がけて摂る必要はありませんが、妊娠8週からの葉酸の摂取では遅いということではありません。妊娠中は貧血になりやすく葉酸は赤血球を作る働きをするため、妊娠期間中は続けて摂った方がよいでしょう。(産科看護師)
厚生労働省の報告によると、「姙娠1ヶ月前から姙娠3ヶ月まで」葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害のリスクを低減させることができると言われている一方で、「妊娠が判明してからの摂取でも効果がみられた」という報告もあるとされています。(助産師)

食事とサプリメントを併用し、同時に鉄分摂取も忘れずに

葉酸は水溶性で身体に蓄積されにくいため、毎日食事やサプリメントで摂る必要があります。また貧血予防のため、鉄分を含む食材も合わせて摂るようにしましょう。

葉酸は体内で生成できないので、食品やサプリメントで摂るしかありません。非妊娠者だと1日に240μg、妊婦だと480μgの葉酸の摂取が推奨されており、この葉酸を摂取するためには葉酸を多く含む葉物野菜など350g以上をとることが必要となります。食品だけでの摂取が難しい場合は、サプリなどの栄養補助食品の併用がすすめられています(産科看護師)
バランスのよい食事なら不足することはほとんどありませんが、体内に蓄積されにくく水溶性で調理段階で半減するため毎日摂る必要があります。摂りすぎはママに蕁麻疹が出たり赤ちゃんが喘息を起こしやすいとも言われますが、不足する方が問題ですし不必要なものは排泄されるので、過剰摂取の心配はほとんどありません。また一時的な過剰摂取なら心配ありませんが、食事以外にサプリも併用される際は用量を守ってください。(産科看護師)
葉酸以外にも、貧血防止のため鉄分を含むレバーや乾燥ひじき、大豆製品なども食べましょう。鉄分も身体に吸収されにくいため、緑黄色野菜や果物などビタミンを含む食品と一緒に摂るとよいでしょう。(産科看護師)
一度に体内に吸収できる葉酸の量は限られているので、サプリメントだけでなく普段の食事からも摂るように心がけましょう。キノコ類や海藻類などをバランスよく食べ、同時にビタミンを多く摂ると葉酸の吸収率がUPするのでオススメです。(内科看護師)

葉酸は普段の食事からでも全く摂れないということはないので、それ程神経質にならなくてもよいでしょう。バランスのよい食事で鉄分を含む食材も一緒に摂り、葉酸が不足していると感じたらサプリメントで補うとよいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加