発達

子供の「自分でやりたい」という気持ちに対してどう向き合うべきか?

子供に自我が芽生え始めると何でも自分でしたがりますが、まだちゃんとできないこともあります。「自分でやりたい」という気持ちを尊重しつつ、できていない所は直してあげたいのですが、看護師さんたちは何とアドバイスしているのでしょうか。

ママからの相談:「自分で入浴したがる子供。ちゃんと洗えていない時はどうすれば?」

6才の娘が、最近一人でお風呂に入りたがります。頭や身体を洗うことに挑戦したいのだと思いますが、やはり洗い残しが気になり「ママも後から入るね」と言うと凄く怒ります。日によっては、やはり髪にコンディショナーが残りヌルヌルしている時があり「もう少しだけすすごうか」と洗面台のシャワーで流すことがあります。やりたい!という気持ちを邪魔せずにできる声かけが知りたいです。(30代・女性)

子供が前向きに頑張ろう!と思える声かけを

子供が「自分でできた」と思っている所を注意するのは気が引けますが、前向きな姿勢は褒めてあげた上で「次はここを頑張ってみようか」などと、できていない所はきちんと自覚できるような声かけをしてみてはいかがでしょうか。

お子さんの自我の目覚めなので何かと心配でしょうが、ここはグッとこらえて見守ってあげましょう。できていない部分があっても「ここがヌルヌルしているから、次はもう少し頑張ってやってみよう」と前向きな声掛けで、お子さんができていないところを自覚できるように指摘してあげてください。(産科看護師)
女の子は自立心が芽生えるのが早い分、声かけ一つにしても大変ですが、洗い残しはよくありません。そのままにしていると、肌がかぶれて皮膚科で処置が必要になってしまうということを、わかるように何度も言い聞かせましょう。(内科看護師)

初めてのことはママがお手本を見せてあげて

できないからとイライラしたりせず、お子さんが初めて挑戦することやちょっと難しいかなと思えることは、ママが実践してお手本を見せてあげましょう。そしてできた時には、たくさん褒めてあげることも忘れないようにしてください。

時間がかかるからといって怒ったりイライラしては、何もできない子供になってしまいます。初めてのことはママが「こうするんだよ」とお手本を見せてあげてください。決して「ここがダメだね、もう一回やり直し」など子供がしたことを否定したりせず、できたら大げさすぎるぐらい褒めてあげましょう。(産科看護師)
しっかりしているお子さんは変に子供扱いされることを嫌がるので、なぜ綺麗に洗わないとダメなのかを一度ママが実践しながら説明してあげるとよいでしょう。娘さんは割としっかりしているようなので、きちんと説明すると理解してくれると思いますよ。(内科看護師)

子供が自分からやりたいと思う気持ちは、尊重してあげたいですね。できていないことがあっても、否定せず、ママがお手本になってわかりやすく教えてあげるようにしましょう。


2015/05/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)