イベント・セミナー

「将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会」東京大会開催

将棋が注目を集めている

11月19日(日)に幕張メッセで開催される「将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会」東京大会(同日に「JTプロ公式戦」も開催)の概要が発表されました。

今年の東京大会は、新しい企画が用意されており、多くの子どもたちが楽しんで参加できる内容になっています。

将棋で「ココロ」を育てたい

「将棋日本シリーズ」は、『将棋で「ココロ」を育てたい。』を大会テーマに掲げ、小学生以下のこどもを対象としたプログラムです。2001年から「こども大会」は開催されており、今年で17年目となります。また、2012年の東京大会は、ギネス記録に認定され、世界最大規模のこども将棋大会となりました。

この大会をきっかけに藤井聡太四段や菅井竜也王位をはじめ、10人以上のプロ棋士を排出するほどになっています。このブームを一過性で終わらせることなく、将棋の魅力を伝えるとしています。

東京大会特別コンテンツ

東京大会では、特別コンテンツが用意されています。

  • ・『将棋代指しロボット「電王手一二さん」とリレー将棋コーナー』
  • ・「どうぶつしょうぎセイキンオリジナルver.」プレゼント

将棋代指しロボット「電王手一二さん」とリレー将棋コーナーは、DENSOが開発した、2本のアームを使って駒を操作するロボット「電王手一二さん」とリレー対局を行います。「電王手一二さん」とのリレー対局は、当日の抽選で選ばれた150人の子どもが行います。

「どうぶつしょうぎセイキンオリジナルver.」プレゼントは、人気YourTuber”セイキン”さんが作った「オリジナルどうぶつしょうぎ」を当日参加者のうちプレゼント希望者の中から抽選で1名にプレゼントする企画です。セイキンさんには、東京大会を紹介いただいています。

参考サイト

公益社団法人 日本将棋連盟 プレスリリース(PRTIMES)


2017/10/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部