息抜き・小ネタ

2017/10/31

意味する内容が微妙に違う「がん」と「癌」。 その正しい意味

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

意味する内容が微妙に違う「がん」と「癌」。 その正しい意味

医学や医療の分野では、字も読み方も難解な用語が多くあります。
たとえば、腫瘤(しゅりゅう;はれもの)、悪心(おしん;吐き気や胸がむかむかすること)、増悪(ぞうあく;症状が悪化すること)などなど。
そんななか、例外的ともいえるのが死亡原因第1位の「がん」です。
医学の専門用語として「ひらがな」で「がん」と表記されます。
しかし漢字で「癌」と表記されたものを目にする方も多いでしょう。
なにがどう違うのでしょうか?ご一緒に詳しく見ていきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加