調査・アンケート

2017/11/01

乳がんに気づいたきっかけは「セルフチェック」が第1位

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

乳がんに気づいたきっかけは「セルフチェック」が第1位

乳がん患者へのアンケート調査を実施

ドコモ・ヘルスケア株式会社は、10月がピンクリボン月間であることから、患者さん専用のQ&Aコミュニティサイト「イルイル®(https://iluilu.com/nyugan)」利用者および、乳がん患者会・ピンクリボン団体などにご協力いただき、乳がんを罹患された女性160人を対象にアンケート調査を行い、その結果を発表した。(対象:「イルイル®」利用者および乳がん患者会・ピンクリボン団体などの会員のうち、乳がんを罹患された女性、期間:2017年8月21日~9月4日、有効回答数:160名)。

調査によると、乳がん発覚のきっかけとしては「セルフチェック」が最も多く、乳がんの早期発見者では半数以上が2年に1回以上の検診を実施していたということがわかりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加