おしっこ・うんち

2017/11/09

緊張すると何度もトイレに行きたがる5歳児…どう対処すべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

緊張すると何度もトイレに行きたがる5歳児…どう対処すべき?

緊張してトイレが近くなる子どもにはどのように対処すべきなのでしょうか。今回は5歳の男の子についての相談です。緊張した時や嫌なことが起こりそうになると、何度もトイレに行きたがると悩むママに、専門家からはどんなアドバイスが寄せられたでしょうか。

5歳児のママからの相談:「緊張した時に起こる頻尿について」

5歳の息子は普段の生活やお友達と遊んでいる最中には感じないのですが、緊張した時や嫌な事を予感した時など、すぐにオシッコ!と言い出します。お遊戯会の出番直前や予防接種の際などによく起こり、トイレに連れて行くと排尿はあるものの、ごく僅かです。予防接種の際には何度もトイレと言うので私も怒ってしまい、そのまま放置したらお漏らししてしまいました。心因的な物で、私が過度なストレスを与えてしまっているのでしょうか。小学校に上がる前に治るか心配です。(30代・女性)

5歳児にとって緊張の場面は未知の領域。大人がサポートを

子どもは緊張する場面にまだ上手に対処出来ないため、大人のサポートが必要なようです。

一般的にオムツが取れる3歳ごろから排尿の自己調整が出来るようになり、5歳くらいまでに排尿の機能が成熟しますが、泌尿器系に問題が無いにも関わらず頻尿が起こる場合、心因性と考えられます。(看護師)
まだ5歳ですし、緊張する場面は未知の領域です。緊張で尿意を催しているのかも分からない状態のため、大人が上手くサポートしてあげる必要があります。大人は緊張した場面も人生の中で何度も経験し、自分なりの対処方法や乗り越え方があります。お子さんはトイレに行くことで自身の身体が発する緊急事態に対処しようとしているので、我慢させると精神的に身体へかなりのストレスが加わってしまいます。(看護師)

叱って逃げ道を塞ぐとトラウマに。快く行かせて安心させて

叱ると逃げ道がなくなり、トラウマになってしまうため、安心させてあげるのが良いとのアドバイスが寄せられました。

大人も緊張すると何度もトイレに行きたくなります。子どもも同様です。叱って我慢させるとトラウマになります。お漏らしすると余計に心に残ります。緊張しない場面でも「トイレに行きたくなったらどうしよう」という恐怖心でトイレを意識してしまいます。(看護師)
本当にトイレへ行きたかったのかもしれませんし、お母さんはお子さんの身体のSOSを上手くキャッチしてあげて下さい。お母さんなら何とかしてくれると思ってSOSを出しているので、怒るとお子さんは逃げ道が無くなってしまいます。安心出来るよう声かけ等してあげて下さい。(看護師)
お子さんは一人で排尿出来るでしょうか。もし出来るならトイレに行きたいと言ったら「行ってらっしゃーい」と快く行かせて下さい。「また?」「さっき行ったでしょ?」は禁句です。緊張する場面では、抱きしめるなどスキンシップを図って安心させて下さい。また、ラムネや飴を「おしっこが止まるお薬だよ」と言ってあげるのもプラシーボ効果があります。怒らず焦らず、気長に見守って下さい。(看護師)

子どもは緊張の場面にうまく対処出来ず、叱るとトラウマになってしまうため、安心させてあげるのが良いとの意見が専門家から寄せられました。薬と言って飴などを渡すとプラシーボ効果が期待できるとの声もありました 。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加