トイレトレーニング

保育園はパンツで過ごす5歳児…家でオムツを履きたがるのはなぜ?

オムツを卒業するタイミングには個人差があるようです。今回は5歳の女の子についての相談です。保育園ではパンツで過ごし、おもらしすることもありませんが、家ではオムツを履きたがるといいます。なぜオムツを履きたがるのでしょうか。専門家に聞いてみました。

5歳児のママからの相談:「オムツの外し方について」

5歳の娘は昼間、保育園ではパンツを履いており、もらすことなくトイレに行けていますが、保育園がお休みの日は、家でも外出でもオムツを履きたがります。外出の時は子ども用のトイレがなくて仕方ない時もあるのですが、家なら行きたい時に行けるはずなのに、なぜかオムツを履きたがります。夜もオムツで寝ており、起きてからトイレに行けば良いのにオムツでしてしまいます。どうしたらオムツを外す事が出来ますか。(30代・女性)

保育園で良い子でいようと頑張っているのかも。家では甘えさせてあげて

保育園で頑張っている子どもに多く見られる傾向のようです。家では甘えさせてあげるのが良いとのアドバイスが寄せられました。

お子さんは保育園ではとても良い子なのではないでしょうか。家庭と比べて保育園ではしっかりしている子にそういった傾向があります。いわゆる良い子でいるため、保育園では気が張ってしまって、家ではオムツを履いていたいのかもしれませんね。子どもなりのONとOFFの使い分けかもしれません。(看護師)
無理にオムツを外してしまうと常に良い子でいなければならず、お子さんにストレスを感じさせる可能性がありますので、少し経過を見て下さい。いつまでもオムツを履き続けるということはないでしょうし、ある日突然、履かなくなる日も来ると思います。その時まで成長を見守って下さい。また家では両親含め、家族にたくさん甘えさせてあげましょう。(看護師)

家のトイレが怖い可能性も。行きやすい工夫をして上手に出来たら褒めて

家のトイレに抵抗がある可能性を指摘する声もありました。トイレに行きやすい雰囲気づくりや声かけのタイミングを工夫し、うまく出来たら褒めてあげるのが良いようです。

保育園で出来ているのなら、家のトイレが怖いのかもしれません。またはお母さんに構ってほしくて、オムツを希望するのではないでしょうか。オムツを外す時期は個人差がありますし、トイレデビューが出来たとしても、またオムツに戻ることもあります。(看護師)
トイレは、お子さんも座れる便座でしょうか。そうでなければ補助便器や足台を設置して、お子さんが安心して座れる便座にして下さい。トイレにお子さんの好きな人形を置く、またはポスターを貼る等して、お子さんが行きたくなる環境を作りましょう。(看護師)
まずは普通のオムツではなく、トレーニングパンツを履かせて下さい。排泄した時の不快感が実感出来れば、そのうちオムツを嫌がると思います。トイレに誘うのはご飯の前や寝る前など、行動の区切りに促し、トイレで出来たらたくさん褒めて下さい。物をあげるのはよくありません。出るまでトイレに座らせるのも止めましょう。保育園で出来ているのですから、家でも出来ると思います。(看護師)

保育園で良い子でいようと頑張る子どもほど家ではオムツを履きたがる傾向があるようです。家では甘えさせてあげて子どもの成長を見守るのが良いとのアドバイスが専門家からありました 。


2017/11/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)