感染予防

2017/11/09

マスクができない1歳児、ノロウイルスを予防するには?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

マスクができない1歳児、ノロウイルスを予防するには?

1歳児のノロウイルス感染予防についての相談が寄せられました。この年齢ではマスクをすることはまだ難しく、人混みに出ないようにするにも限界がありますが、医師や看護師はなんとアドバイスしているでしょうか。

1歳児のママからの相談:「マスクができない1歳児の予防法」

1歳の子どもを持つ母親です。まだノロウイルスに感染したことはないのですが、感染を防ぐためには、どの時期からどの様な対策を行っておくと良いのか、しっかりと理解できていません。人混みに出ないといっても、子どもは段々と2歳に近づき、体力も付いてきているので、何かしら外に出る機会が増えてきました。マスクの着用も今の年齢では難しいため、これという予防法があれば是非教えていただきたいです。よろしくお願いします。(30代・女性)

周囲に感染者がいるときは消毒に注意

ノロウイルスの感染力は非常に強く、アルコール消毒では不十分であるため、感染者が周囲にいる場合は接触を避けるとともに、次亜塩素酸を用いた消毒が勧められています。

ノロウイルスは、冬にかけて流行する代表的な胃腸風邪のウイルスです。ノロウイルスが付着した嘔吐物や排泄物にふれることで、感染が成立します。しばらく生存することから、周囲に感染者がいた時にはしっかりと環境を消毒することが必要です。ノロウイルスの感染力は、非常に強いことで知られています。最近の研究では添加物を加えた一部のエタノール系消毒剤であれば、ノロウイルスの消毒に利用できることがわかっています。しかし、通常のアルコール消毒では不十分ですので、次亜塩素酸を用いた消毒が推奨されています。(小児科専門医)
感染者がいれば、なるべく接触しないことです。食器やタオル等は共用せず、お子さんが口にするおもちゃ・複数の人が触れるドアノブ・スイッチ・リモコン等は、煮沸消毒・アルコール・薄めた次亜塩素酸ナトリウム(家庭用の塩素系漂白剤で代用)で、除菌・消毒してください。(看護師)

普段からうがい・手洗いの習慣づけを

普段の生活の中で、外出後や食事前など、子どもと一緒にうがいや手洗いを行う習慣をつけるとよいようです。

小さい子どもは、自分で感染予防対策が上手く出来ないので、周りの大人が気を付けなければなりません。外出後・トイレの後・食事の前には、お子さんと一緒の手洗いを習慣付けてください。感染症の流行の季節は、人ごみを避けた方がよいですが、難しい部分もあるので、外出後のうがい・手洗いをしっかり行ってください。お子さんが上手くうがいが出来なくても、ブクブクぺで構いませんし、お母さんが実際にやって見せてください。(看護師)
ノロウイルスに限ったことではありませんが、集団生活を始めるということはある程度の感染リスクを伴います。究極的には外の物を触らせないことですが、そうもいきません。どこにでも病原体は潜んでいると思い、普段から手洗い、消毒を行うことを心がけることが大切です。(小児科専門医)

ノロウイルスの感染力は非常に強いため、周りに感染者がいる場合は、接触を避けるとともにしっかりと消毒することが大切だというアドバイスでした。また、普段から手洗いやうがいなどの感染予防習慣をつけさせるため、外出後や食事前などに親子で一緒に行うことも勧められています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加