2015/03/31

赤ちゃんが突然吐いた!そんな時に知っておいてほしいこと

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

赤ちゃんが突然吐いた!そんな時に知っておいてほしいこと

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもりリフレ~代表の熊野です。私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、お悩みを聞かせていただいたりしています。

赤ちゃんって、よく吐きますよね。

我が家の息子も、1歳くらいの時には、「マーライオン」という称号を与えられていました。

さっきまでごきげんにしてたのに、突然ケポッと吐く。
ママやパパはビックリした上に、吐いたものを拭いたり、洋服を着替えさせたり、一気に周辺が慌ただしくなります(笑)。

あまりにも突然に子供が吐いたとき、親としては
・感染力の強い嘔吐下痢症(ノロ・ロタウィルスなど)ではないか
・熱があるのではないか
・お腹の調子がわるいのではないか
………と不安、心配になると思います。

その気持ち、よーくわかります。

子供が嘔吐した時に、こういった病気のサインではないかと確かめて、注意深く見守った上で、もしかしたら?と考えてほしいケースがあります。

それは「単純に胃の容量を超えて食べたり飲んだりしていないか!?」ということです

赤ちゃんの胃は、大人とちがって、徳利のような縦型をしています。

大人の胃のように、食べたものや飲んだものをためて、消化する機能が弱いのです。
だから、ちょっとした刺激などで、収まりきらなかった内容物が、簡単に戻ってしまいます。

そんな時、赤ちゃん自身も、自分の食べたい!飲みたい!という気持ちと、これ以上食べると(飲むと)、限界を超えちゃうんだな、というバランスを勉強しているのです。

そんな時は、「食べ過ぎ(飲み過ぎ)ちゃっただけなのかな?」とも、考えてみてくださいね。

いま、自分の身体を知ろうとしているんだね~、と思うと、ちょっと臭う(笑)吐き戻したものの処理やお洋服の着せ替えも、慌てず、穏やかにできるかもしれませんよ^^

※もちろん、病気による嘔吐、吐き戻しのケースもありますので、体温や機嫌、吐いた内容物、周囲で感染症が流行していないか、などは必ずチェックしてくださいね!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加