2015/11/30

ストレス発散したい!妊娠中のカラオケは胎児に影響ある?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

ストレス発散したい!妊娠中のカラオケは胎児に影響ある?

妊娠期間中は食事制限や思うように身体を動かせないなど、色々と我慢しなければならないことが多いです。ストレス発散のため、妊婦がカラオケに行っても問題ないかという相談が寄せられていますが、看護師さんたちの回答とは。

プレママからの相談:「妊婦のカラオケは、お腹の赤ちゃんによくない?」

妊娠前はショッピングが大好きでしたが、どんどんお腹が大きくなるので着たい服も着れず、あまり締め付けない服を何着か着まわして我慢している状態です。家にいてもストレスがたまるので、たまに旦那とカラオケに行きますが、大きな音やお腹に力を入れたりすることで、何か赤ちゃんに影響はあるのでしょうか。たまに行くぐらいなら大丈夫でしょうか。(30代・女性)

カラオケでストレス発散するのは問題ない

ママがストレスを抱えていると、お腹の赤ちゃんにもよくありません。カラオケの音が胎児に悪影響を与えたりすることはないですし、歌う時にかかる程度の腹圧は問題ないでしょう。

ママがストレスをため込む方が、赤ちゃんによくありません。大きな音が胎児に影響することはないですし、ママの楽しい気持ちは赤ちゃんにも伝わりますのでできるだけ楽しい歌を歌うようにしてください。お腹の中でも外の音が聞こえていますので、胎動を感じるようになれば歌に合わせて赤ちゃんもよく動くかもしれません。ただし、お腹に強く力を入れる歌い方は控えてください。(産科看護師)
カラオケでストレスを発散すること自体は、まったく問題ありません。妊娠生活は、今まで楽しんでいたことを我慢しないといけなくなったりストレスがたまりやすいので、ストレス発散の機会を作るのは大切です。音に関してはスピーカーをお腹にくっつけるというのであれば話は別ですが、通常のカラオケなどの音で赤ちゃんが影響を受けることはないでしょう。(看護師)
大きな声で歌おうとすると腹圧がかかってしまいますが、さほど問題にはなりません。息を止めて腹圧をかけることはよくないですが、息を吐きながら歌うカラオケなら、そこまで高い腹圧ではありません。(看護師)

カラオケでの注意点について

部屋は禁煙室を利用するようにし、またエアコンの効かせすぎで身体が冷えないように注意しましょう。カラオケを楽しむのはよいですが、興奮しすぎて歌に合わせて踊ったりジャンプなどしないようにしてください。

カラオケルームは禁煙室を選び、疲れたら無理せず休むようにしてください。歌に合わせて飛び跳ねたり、立ち上がって踊ったりするのは避けましょう。カラオケ以外にも自分なりのストレス発散法を見つけ、マタニティーライフを楽しんでください。(産科看護師)
冷たいものの飲みすぎや、部屋を冷やしすぎると身体によくありませんので注意してください。またカラオケで特に気をつけてほしいのは、歌いながら踊ったりしないこと。これは絶対にダメです。(看護師)

最近は禁煙ルームも完備されていますし、音も特に問題ないようです。ご自身の体調に合わせ、赤ちゃんと一緒に歌を楽しんでいただければと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加