病院では元気なのに夜間に悪化するのはなぜ?

病院では元気だった子どもの容態が、夜間に悪化する時はどうすればいいのでしょうか。専門家に聞いてみました。

1歳児のママからの相談:「夜に症状が酷くなるのは普通?」

1歳の子どもが熱を出しすぐに小児科に行ったのですが、高熱があっても元気だからと座薬を渡されるだけの時が何度か続きました。しかし夜中に吐いたり下痢などの別の症状が出てきたため、翌日再度病院に連れて行ったのですが、その頃には症状も治まって微熱のみになり、受診してもまた様子見の判断で帰されます。どこの小児科でも似たような対応なのですが、このようなことは幼児によくある症状でしょうか。一番具合の悪い様子を見せられないためか、初めの頃には薬も処方されず長引いてからやっと検査されることが多いです。(20代・女性)

子どもの体温は夜に高くなりがち。体温差が1℃以内なら様子見を

子どもの体温は夜に上がる傾向があります。1日の体温差が1℃以内なら、家で様子を見て良いようです。

一般的に小さい子どもは朝の体温が低く、夜に高くなる傾向があります。38℃以上でもお子さんが元気なら、病院を受診しても解熱剤の処方だけになるでしょう。(看護師)
下痢なら整腸剤・嘔吐なら制吐薬、高熱なら解熱剤、菌が特定できて効果的な薬があれば抗生剤などの治療が行われます。嘔吐や下痢の原因菌を排出しなければならないので、下痢や嘔吐を止めれば良いわけではありません。夜間に症状が悪くなり日中病院を受診した時に症状が改善することもよくありますが、改善するようであれば大きな病気ではないようです。検査をするデメリットもありますので、積極的にはすぐに検査を行わないのでしょう。(看護師)

夜間に容態が悪化した場合は救急病院へ。判断に困る時は#8000に電話して

夜間に容態が悪化した場合は、夜間対応の救急病院を受診するようアドバイスがありました。判断に困る時は、#8000に電話すると相談できます。

食事や水分が摂取できているなら、点滴などは必要ないでしょう。症状が変動することはよくあります。特に他のお子さんと比べて異常なわけではありません。(看護師)
もし解熱剤を使用したくなければ、首筋・ワキの下・鼠経部など大きな動脈が通る場所を保冷剤などで冷やしましょう。一気に熱を下げると脱水を起こし、腎臓に負担をかけます。ワキの下だけ・首筋だけなど部分的に冷やし、長時間同じ部分を冷やさないようにしましょう。(看護師)
各自治体のホームページで、夜間休日対応の救急病院が掲載されています。判断に困ったら#8000に電話すると、地域の小児救急電話相談事業所に繋がり小児科医や看護師に相談できます。(看護師)

子どもの場合は、夜間に症状が悪くなり日中は改善することはよくあります。子どもの病気は経過を追うことがとても大切であり、すぐに検査することもデメリットを考慮してあまり推奨されないようです。夜間に判断に迷ったら、#8000に電話すると小児科医や看護師に相談できます。


2017/07/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)