完全に首がすわったという判断基準は?早すぎもよくない?

わが子の首のすわりが早いようだという相談がありました。完全に首がすわったという判断はどのように下すのか、首が早くすわりすぎると問題があるのかについて、医師や看護師はなんとアドバイスしているでしょうか。

2カ月の子どものママからの相談:「首がすわるということの判断基準は?」

生後2カ月の女の子の母親です。予定日より2週間早く産まれましたが、3300グラムと、早く産まれた割には大きく産まれました。そのためか、生後1カ月くらいから首がしっかりとし始めて、2カ月になってからは、首を自分で動かしたり、持ち上げたりしていました。上の子の時は早かった気がしますが、それでも3カ月に入ってからだったと思います。完全に首がすわっているというのは、どのようにして分かりますか。また、首が早くすわりすぎるのは、逆に問題がありますか。(20代・女性)

首がすわっているかどうかの判断方法

首がすわ座っているかどうかを判断する方法を2つ、小児科専門医に教えていただきました。医師や助産師は、以下のような方法で首のすわりを確認します。

首がすわっているかは、赤ちゃんの両腕を引っ張りながら身体を徐々に起こしてきた時に、どの程度体幹に対して頭を持って来られるかで確認します。完全にすわった状態というと、ある一定の角度で体幹を保持した時にその角度を超えて首を前方に持ってくる動作をすることから判断します。また、うつ伏せにされた赤ちゃんが、自分の顔を持ち上げようとする状態も首がすわったと判断する一つの方法です。ただし、判断がしにくいので、3~4カ月児健康診査時に医師に相談しましょう。(小児科専門医)

首が早くすわることに良い・悪いはない

赤ちゃんの発達には個人差があり、首のすわる時期もさまざまな要因が関係しています。首が早くすわったからといって良いということも悪いということもない、という指摘がありました。

実際は親御さん自身が判断するのは難しい場合もあり「首がすわった」という言葉の中にも大きく個人差があることが想像されます。赤ちゃんの発達段階には個人差がありますが、専門家から見てしっかりすわってっていると判断される場合には、早く首がすわりすぎることに問題はないかと思います。(小児科専門医)
首がすわってきたとしても、肩関節・肘関節・股関節などの関節や周囲の筋肉・靭帯はまだ未熟で、負担をかける可能性があります。また、首が早くすわるから良いということも、悪いということもありません。早く首がすわり始める理由には、頭が小さかったり、好奇心が旺盛であったりなど、様々な理由が関係するため個人差があります。(看護師)

首がすわっているかどうかを判断する方法について具体的なアドバイスがありました。首のすわる時期には個人差があり、早くすわったことによる問題は特にないという専門家の意見でした。


2017/12/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)