子どもと一緒に学ぶ「いざという時のために災害食を学ぶ食育プラン」

限られた食材やインフラの中で災害を乗り切る

子育て世代向け出張作り置きサービス「シェアダイン」は、子どもと一緒に学べる「いざという時のために災害色を学ぶ食育プラン」を9月10日より新設しました。新設されたプランでは、限られた食材やインフラの中で災害を乗り切るための知識を学ぶことができます。

食の備えの不安に応えるレシピ

新設された「いざという時のために災害色を学ぶ食育プラン」は、災害時の「食」の備えに不安が広がっていることを受けたことから開設されました。シェアダイン料理家sayuriさん考案の「いざという時のために!誰もがすぐ作れる!非常時・災害時に使える日本の伝統食を使ったポリ袋レシピ」を9月5日発行の「メトロガイド」10月号(日刊工業新聞社発行)で掲載した際に多くの声が寄せられました。

災害を想定した調理方法を紹介

新設されたプランでは、備蓄に最適な日本の乾物や穀物、味噌などの発酵食や伝統食材を使用します。さらに、災害を想定し、備蓄用の少量の水とカセットコンロで作ることができるポリ袋を使った調理法が紹介されています。

親子で災害への備えを見つめ直す

シェアダイン代表の飯田氏は、以下のコメントを残しています。

災害のニュースを耳にするたびに心が痛み、この数カ月、「シェアダイン」として何ができるかチームで考えました。災害は私たち誰もが経験し得る身近なことになりつつあります。自らの身を守る・何かあった時に対応できる力を身につけておくことがとても重要です。日本の伝統食材が非常食・災害の時にも役にたつことを知り、これを多くの人に伝えることが、「シェアダイン」として今できることなのではないかと考えました。ぜひ親子で災害への備えを見つめ直す機会にして頂ければと思っております。

シェアダインは、シェアダイン公認の「管理栄養士」や「調理師」などの「食」の資格を持つプロが、各家庭の悩みに応じた作り置きを行ってくれるサービスです。

参考サイト

株式会社シェアダイン プレスリリース(PRTIMES)


2018/09/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)