編集部ピックアップ[PR]

2015/09/29

ママの8割が「できればやりたい」、母乳育児成功の秘訣はコレ!

この記事の監修/執筆

ピックアップ編集部

ママの8割が「できればやりたい」、母乳育児成功の秘訣はコレ!

母乳育児ってこんなにメリットがあるの!?

株式会社イードが出産・授乳経験がある20~50代の女性を対象に実施した「授乳に関する意識調査」のアンケート結果(※)によると、出産前のママのおよそ8割が「母乳中心の授乳」を希望していることがわかりました。 母乳育児を目指すママがこんなにも多いのは、やはり母乳ならではのメリットが多くあるからというのがその理由ではないでしょうか。一般的にいわれているものだけでも以下のようなものがあります。 (※)http://www.iid.co.jp/news/report/2011/1003.html

t0002_2

・赤ちゃんに必要な免疫がたっぷり(細菌やウイルスから赤ちゃんを守る免疫物質が豊富)
・ママと赤ちゃんの絆を深める(おっぱいに触れることで赤ちゃんも安心します)
・ママの身体の回復をサポート(おっぱいを吸われることで、子宮収縮に関わるホルモンが分泌されます)
・コスパがいい(ミルク代がかからない!)
・ダイエット効果が期待できる(完全母乳の場合、1日700kcalが消費されるといわれています)

そしてなにより、大きなメリットは栄養面。母乳は、赤ちゃんの身体をつくるタンパク質、エネルギー源となる脂肪、中枢神経の発達を促す脂溶性ビタミンなど、赤ちゃんの成長・発達に必要な栄養をたっぷり含んだパーフェクトな食物なのです。

300x100_2

こんなにも多くのメリットがある母乳育児。ママの8割が実践をしたいと考えるのも納得です。しかしながら、実際に母乳育児を実践することができているというママは、実は5割程度に留まっているのです。 乳腺炎になった、早めに仕事復帰した…など原因はさまざまありますが、母乳が思うように出なかった、というケースも少なくありません。 では母乳育児を成功させるためにはどうしたらよいのでしょうか。

母乳育児を成功のポイントは「冷え予防」と「食事」

母乳をしっかりと出して母乳育児を成功させるカギとなるのが「冷え予防」と「食事」です。これらが母乳とどのように関係するのでしょう。

・冷えが母乳の出を悪くする
母乳はママの血液からつくられるため、血流を悪くする「冷え」は、母乳の出を悪くします。できるだけ身体を冷やさない服装や食事を心がけましょう。

t0002_3

・母乳をつくるのに重要な食事
赤ちゃんのお世話で忙しいと、食事は簡単に済ませてしまいがちです。しかし、栄養バランスの偏った食事を続けると、母乳のもととなる血液に重要な鉄分、ママの健康のために必要なビタミン、ミネラルといった栄養素が不足し、母乳が十分つくられなくなる原因になります。これらの栄養素は常に不足しないよう心掛けたいものです。

t0002_4

赤ちゃんのお世話で忙しい時期には鉄分、ビタミン、葉酸などの栄養素をひとくちで摂れるサジージュースなどもあります。サジージュースは助産師も推薦するほど授乳期に必要な栄養がたっぷり入っているオールインワンドリンク。忙しいママの強い味方です。

サジージュースの中でも自然原料だけで化学合成物を一切使わず作られているフィネスさんの豊潤サジーがオススメです。

t0002_5

【効率よく栄養補給】授乳期におすすめ!ひとくちで200種の栄養素が摂れる「豊潤サジー」

授乳中の栄養不足を防いで母乳育児をサポートしてくれるのが「豊潤サジー」。
鉄分、カルシウム、葉酸、ビタミンほか200種類の栄養素をひとくちで補給できるから、忙しい授乳期にとっても心強い!

t0002_6

▲200種類の栄養素がとれる「豊潤サジー」

豊潤サジーは今だけ限定キャンペーンで、10日分を試せるモニターを募集しています。しかし、自生しているサジーを収穫して作られている豊潤サジーは大量生産が難しく、今回のお試しモニター募集も数量に達し次第終了してしまうとのこと。

母乳育児を目指す方は、この機会にぜひお試しください。詳しくはこちらから>>

t0002_8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加