編集部ピックアップ[PR]

2015/12/24

母乳育児を目指すママの味方!母乳外来で受けられる3つのサポート

この記事の監修/執筆

ピックアップ編集部

母乳育児を目指すママの味方!母乳外来で受けられる3つのサポート

「母乳」はママの大きな悩み

産後、母乳育児を希望するママは多くいますが、生後3か月には、母乳のみで育てることができているママは4割程度に減ってしまうというデータがあります。 その原因としては、母乳が十分に出ない、といったものだけでなく、知識不足により母乳をうまく与えられていないケースもあります。
また、そのようなことから「母乳が足りてないのでは?」と不安になり、そのストレスで実際に母乳の分泌が減ってしまう、という悪循環になってしまうこともあるのです。

母乳育児のさまざまな悩みをサポートする「母乳外来」

母乳外来は、助産師さんが母乳や育児の相談にのってくれたり、乳房のケアなどを行ってくれるところで、産婦人科や助産院などに設けられています。
母乳外来で行っているサポートとしては、以下のようなものがあります。

t0010_300x100


・母乳不足に関するアドバイスや指導
⇒本当に母乳が足りていないのかを確認し、適切な授乳方法や解決策をアドバイスしてくれます。

・乳房マッサージ
⇒母乳分泌がよくなるマッサージを施してくれます。

・乳頭や乳房のケア
⇒乳頭に白いものができてしまう白斑のケアなど、乳頭や乳房トラブルの相談にものってもらえます。
紹介した以外にも、乳頭の変形や痛み、育児の悩みなどさまざまな相談ができる、新米ママの強い味方が母乳外来です。

t0010_2

メリットもあればデメリットもある

母乳外来は、ママが不安をひとりで抱え込むことなく、プロに相談して安心できるといった精神的なメリットも大きいと言えます。
一方で、デメリットもあります。
乳腺炎など一部の診療を除いては自由診療となるため、病院や助産院によって違いがありますが、おおよそ1回数千円ほど診察料がかかります。マッサージなどは何回か通うこともあるため、金額がかさんでしまいます。
また、授乳方法などのアドバイスを受ける場合は、赤ちゃんと一緒に行く必要があり、新生児を連れて病院まで行くといった手間がかかります。
母乳外来を利用する際は、金銭面、時間面などの負担を加味したうえで利用しましょう。

まずは自分でできることから!「豊潤サジー」が母乳育児をサポート

母乳の悩みのひとつである母乳不足は、ママの栄養の偏りや冷えなども原因となり、これらを改善することで解決できる場合もあります。
生活習慣を見直して栄養をしっかりとる、体を温めることを意識しましょう。とはいっても、赤ちゃんのお世話で自分のことまで気を配れない・・・といったママにおすすめなのが「豊潤サジー」というサジージュースです。

t0010_3

「豊潤サジー」は100%天然のビタミン、ミネラル、アミノ酸など200種の栄養素をひとくちで摂れるので、忙しい産後ママの栄養サポートに最適です。100%自然原料だから安心して飲めて、しかもノンカフェイン。
母乳外来に行く前に、まずは自分でできることから試してみるのもおすすめです。

豊潤サジーは↓のバナーから>>

t0010_footer

  • このエントリーをはてなブックマークに追加