編集部ピックアップ[PR]

2016/06/13

実は多い2歳の夜泣き…2歳で夜泣きをする原因と改善方法とは?

この記事の監修/執筆

ピックアップ編集部

実は多い2歳の夜泣き…2歳で夜泣きをする原因と改善方法とは?

2歳の夜泣きに多い原因とは

赤ちゃんの時はそこまで泣かなかった子やおとなしかった子が、2歳になってから急に夜泣きするようになるケースがあります。多くの場合、その原因は、子どもの感情コントロールの不安定にあるといわれています。 子どもは、成長とともに色々な刺激を受け「楽しい」「嬉しい」「悲しい」などの感情が豊かになります。ですが、脳も発達途中であるため、日中に受けた刺激や感情の動きを上手にコントロールできずに眠りが浅くなり、夜泣きに繋がってしまうと考えられています。 また、日頃の体験を通じて浅い眠りの中で夢を見るようになり、その夢を見てどう表現していいかわからず不安になって夜泣きになるといったこともあります。

夜泣きしながら暴れるのは夜驚症かも?

2歳の夜泣きの多くは感情コントロールの問題ですが、中には睡眠障害によるケースもあります。夜驚症と呼ばれており、脳が未発達のためにうまく睡眠から覚醒できないことが関係しています。

夜驚症の症状としては、以下のものがあげられます。
・夜泣きが突然始まる
・眠ったまま泣いている
・バタバタと暴れる
・触れると余計に怒る
・朝起きてから本人が覚えていない

夜驚症と言われると不安になるかもしれませんが、これは成長段階で発生する睡眠障害です。成長することで自然におさまるので心配はいりません。どうしても気になるという方は小児科の医師に相談してみましょう。

t0025_3
                                

2歳の夜泣きの改善方法

(1)子供の生活リズムを整える
毎日の起きる時間・寝る時間をなるべく合わせて規則正しい生活リズムにしましょう。

(2)昼間に十分体を動かす
夜中にエネルギーが余ってしまうと興奮して眠れなくなってしまう場合があります。日中に体を動かして適度に疲れさせることで子どもも深く眠ることができます。

(3)常に笑顔で接する
パパやママが不機嫌だと子どもも不安になり、感情が乱れてしまいます。笑顔で接して子どもを安心させましょう。

(4)きちんとかまってあげる
2歳頃の子どもは、自分中心。パパやママにかまってもらえないと大きなストレスになります。十分かまってあげることで余計なストレスを与えないようにしましょう。

t0025_2

カモミールの効果効能

上記以外の方法として、海外では気分を落ち着かせて安眠に導くために、子どもにハーブティーを飲ませることも多いようです。海外ではハーブティーは、日常生活の中でより身近なものであり、胃に良い・喉に良い・風邪に良い・リラックスできるといった効果が期待できます。

ハーブティーの中でも、特にリラックス効果が高いとされているのがカモミールティーです。気分を落ち着かせて、質のよい睡眠をとりたい時などに有効です。他にも胃の調子を整えて粘膜を強くしたり、肌トラブルにも効果が期待できるとされています。

子どもと一緒にママも飲んで快適な暮らしをサポート!すやねむカモミールの力

民間薬として、海外では古くから使われているカモミールティー。リラックス効果が高く、快眠につながりやすいため一日の終わりに飲むのが効果的。そんなカモミールティーを、赤ちゃんや子どもでも飲みやすいよう開発されたのが「すやねむカモミール」です。
厳選したハーブ3種類のハーブを使用しており、ジャーマンカモミールのリンゴのような香りでリラックス効果を高め、ハニーブッシュのほのかな甘みがさらにリラックス効果を高めます。

t0025_4

また、オーガニック素材を使用、ノンカフェイン・合成化合物を一切使用していない・残留農薬検査と放射能検査を定期的に実施する、など、安全性にも優れているので、小さなお子さんや授乳中のママでも安心して飲むことができます。

カモミールティーのリラックス効果が、子どものかんしゃくや夜泣き、イライラを抑え、家族全員の快適な暮らしをサポートします。 今なら期間限定の特別キャンペーンも実施しているので、ぜひこの機会にお試し下さい。

site_btn

  • このエントリーをはてなブックマークに追加