編集部ピックアップ[PR]

2016/08/01

妊娠中の障がいリスクを下げる葉酸サプリ。選ぶときの4大ポイントとは

妊娠中の障がいリスクを下げる葉酸サプリ。選ぶときの4大ポイントとは

目次

  • 妊娠中の必須アイテム「葉酸サプリ」

  • 葉酸サプリ選びの4つのポイント

  • 迷ったときは他の成分・栄養素で選ぶ

  • イクシル編集部オススメの葉酸サプリ

  • bnr300_100_04

    妊娠中の必須アイテム、葉酸サプリ

    妊娠中は、赤ちゃんの健康のためにもしっかりと栄養をとる必要があります。
    中でも、水溶性ビタミンのひとつである葉酸は、妊娠中十分に摂取することで赤ちゃんに起こる「神経管閉鎖障害」という重大な障害のリスクを下げられることが研究でわかっています。
    赤ちゃんの健康を守るために必要とされている葉酸の量は1日480μg(マイクログラム)。葉酸が多いことで知られるブロッコリーに含まれる葉酸の量は100gあたりおよそ120μgですから、目安量を摂ろうとすると、1日400g、毎日食べ続けなければいけない計算になります。 妊娠中はつわりなどもあり、食事だけで目安量の葉酸を摂取するのはなかなか難しいもの。そこで、妊娠中は簡単に葉酸を補える葉酸サプリを活用すべきとされているのです。

    t0048_d

    葉酸サプリはここをチェック!選ぶ際の4つのポイント

    妊娠中のママに向けて販売されている葉酸サプリはかなり多彩なため、どれを選ぶか迷ってしまう方も多いでしょう。口コミランキングなどもありますが、サプリの飲みやすさや効果の感じ方に関しては個人差があるため、口コミはあくまで参考程度に。安全面や配合成分の量、種類をしっかり確認して選びましょう。
    特にどのような点に注目すべきか、選ぶ際のポイントを紹介します。

    (1)合成添加物が含まれていない
    サプリメントの中には、香料や保存料といった合成添加物が配合されているものもあります。これらが必ずしも体に悪いわけではありませんが、できるだけ摂取は控えたいものです。葉酸サプリは毎日飲むものですから、添加物が含まれているものよりも無添加のものを選びましょう。

    (2)安全性の検査が行われている
    自然由来の原料を使っているものでも、放射能や農薬は気になるところです。葉酸サプリの中には、こうした有害物質の試験をきちんと行ったうえで販売しているものもあります。


    t0048_b

    (3)厚生労働省が推奨する400μgをきちんと摂れる
    厚生労働省は、妊娠中の女性に対し、普段の食事では不足すると考えられる400μg分の葉酸をサプリメントから摂取すべきとしています。せっかく葉酸サプリを利用するのですから、きちんと不足分を補える量が配合されたものを選びましょう。

    (4)続けやすい
    葉酸は母乳の生成にも役立つため、授乳期まで摂取し続けるのが理想とされています。長く飲み続けるためにも、飲みやすい形状のもの、自分にとって続けやすい価格のものがよいでしょう。

    迷ったときはプラスアルファの成分・栄養素で選ぶ

    葉酸サプリの中には、葉酸だけでなく、鉄分、カルシウム、ミネラルなど不足しがちな栄養素をプラスアルファで配合しているものもあります。また最近では、「ママになってもきれいでいたい!」という女性のため、プラセンタやコラーゲンといった美容成分を配合した葉酸サプリも登場しています。

    上で紹介した4つのポイントをクリアした製品の中で選ぶのであれば、プラスアルファで摂取できる栄養素・成分を比較し、より多くの栄養が摂れるもの、自分に不足しがちな栄養が摂れるものを決め手にすると選びやすくなります。

    イクシル編集部のオススメは「ベルタ葉酸サプリ」

    t0027_bnr

    妊活中・妊娠中の女性のことを考えてつくられたベルタ葉酸サプリは、4つのポイントで記載したように、合成添加物を含めず、安心して利用できるよう、安全性に徹底的にこだわっています。すべての成分に自然由来の素材を使用し、無添加かつ第三者機関による厳しい品質チェック済み。不安があればいつでも電話で相談できるお客様サポートも行っています。
    また1日分のサプリの中に、400μgの葉酸が含まれ、飲みやすいよう形状は極小粒。
    安全面、配合成分、続けやすさともに優れた、人気・売上1位を誇る葉酸サプリです。

    >>葉酸サプリについて詳しくみる

    btn_white_site2

    妊娠中_葉酸

    • このエントリーをはてなブックマークに追加