編集部ピックアップ[PR]

2016/10/20

普通の食事では葉酸不足?どうやって摂るのがおすすめ?

普通の食事では葉酸不足?どうやって摂るのがおすすめ?

お腹の赤ちゃんやママの健康のためにも妊娠中は積極的に摂りたい葉酸。葉酸が豊富に含まれる食材もいくつか知られていますが、実は葉酸を食事から十分に摂ることは難しいのです。ここでは、その理由と効率的な摂取方法を解説します。



妊娠中に摂りたい栄養素として知られる「葉酸」

t0060_1

水溶性ビタミンの一種である葉酸は、妊娠中に積極的に摂りたい栄養素として知られています。妊娠中に葉酸を十分に摂ることで、お腹の赤ちゃんに起こりうる「神経管閉鎖障害」という先天性の病気の予防やママの貧血予防、つわりの軽減に役立つとされています。

では、葉酸はどうやって摂取したらよいのでしょう。葉酸を多く含む食品としては、レバーやブロッコリーなどの緑黄色野菜が知られていますが、普段の食事で十分に摂れるのでしょうか。

葉酸は食事からでは十分摂取できない

t0060_2

葉酸はブロッコリーやほうれん草など身近な野菜にも含まれているので、一見簡単に摂取できるように思えますよね。しかし、そこには落とし穴があるのです!

実は、葉酸は水や熱に弱い水溶性であるため、加熱調理によってその食材に含まれる葉酸の半分近くは失われてしまうのです。例えば、ほうれん草100グラムには葉酸が210マイクログラム含まれていますが、茹でてしまうと110マイクログラムにまで減ってしまうとされています。

さらに、調理法だけでなく吸収率にも問題が。厚生労働省によると、食品から摂取する葉酸(天然葉酸)は胃酸によって溶けてしまうため、摂った葉酸のすべてが体に吸収されるわけではなく、吸収されるのは50%だそうです。
つまり、葉酸が多い食品を調べて一生懸命食べたとしても、その半分程度しか摂取したことにならない、というわけですね。

厚生労働省は栄養補助食品からの摂取を推奨

t0060_3

妊娠中の女性が摂るべきとされている葉酸摂取量の目安は400マイクログラム。しかし、プレママ世代である20~30代の女性が摂取している葉酸の量は、実際には260~270マイクログラムほど。やはり、意識しないと十分な量を摂るのは難しいようです。

しかも、食事で意識したとしても、吸収できる量は半分ほど。効率的に摂取するにはどのような摂り方がよいのでしょう。そんな葉酸不足の対策として厚生労働省が奨めるのがサプリメントなど栄養補助食品からの摂取。
サプリメントで摂取できる合成葉酸は食事から摂る天然葉酸よりも吸収率が高いうえ、製品によっては推奨量である400マイクログラムをしっかり摂取することも可能なので、かなり効率的と言えます。

たった4粒で1日分の葉酸を摂取!ママに選ばれる「ベルタ葉酸サプリ」

t0060_item

数ある葉酸サプリの中で、人気、売上、満足度ともに1位を獲得したのがベルタ葉酸サプリ。妊娠中の葉酸の目安摂取量である400マイクログラムをたった4粒で摂取できます。それだけでなく、妊娠中に不足しやすいビタミン・ミネラルや野菜も豊富。
つわりなどで食事が摂れないときでも、十分な栄養を摂取することができるので、ママも安心ですね。

無添加で品質管理も徹底。妊娠中だけでなく、授乳中まで安心して続けられますよ。送料無料のお得な定期便もあるので、この機会にぜひお試しください!

btn_white_site2

t0060_bnr

  • このエントリーをはてなブックマークに追加