編集部ピックアップ[PR]

2017/02/01

産み分けゼリーってどんなもの?その仕組みと効果、選び方

この記事の監修/執筆

ピックアップ編集部

産み分けゼリーってどんなもの?その仕組みと効果、選び方

生まれてくるわが子は男の子でも女の子でも可愛いものですが、「できれば男の子がいい」「一人目は男の子だったから次は女の子」など、性別が気になるパパ・ママもいるのではないでしょうか。ある調査では、妊活中の夫婦の3組に1組は何かしらの産み分け方法を試みているといいます。

産み分けについては昔からさまざまな言い伝えがありましたが、近年では医学的なメカニズムに基づいた産み分けの手段も出てきており、産み分けをサポートするクリニックもあります。ここでは、そうした手段のひとつである「産み分けゼリー」について解説します。

産み分けゼリーってどんなもの?

産み分けゼリーとは、性行為の際に使用して赤ちゃんが男の子、もしくは女の子になりやすいようにする潤滑ゼリーのことを言います。
赤ちゃんが男の子として生まれるか女の子として生まれるかは、精子と性交時の膣内の環境が関係しています。男の子をつくる「Y精子」はアルカリ性の環境に強く、女の子をつくる「X精子」は酸性の環境に強いという特徴があります。
産み分けゼリーは性交時に膣内をアルカリ性もしくは酸性にすることで希望する性別の精子を生き残りやすくし、産み分けを試みるものです。男の子を希望する場合は「グリーンゼリー」、女の子の場合は「ピンクゼリー」を使用します。

産み分けゼリーの効果とメリット

産み分けゼリー以外にも医学的なメカニズムに基づいた産み分け方法はいくつかあり、それを提供・サポートするクリニックもあります。しかし、産み分けは自由診療となるため、それなりの費用がかかります。さらに赤ちゃんを授かるまでどれくらいの期間がかかるかわからないため、場合によっては長期的にクリニックに通う必要があるでしょう。
産み分けゼリーのメリットとしては、そういったクリニックに通う負担がなく自宅で産み分けを試せるといった点です。

産み分けゼリーは安全?リスクはないの?

産み分けゼリーは膣内に挿入するものですから、やはり安全性は気になるところ。 ゼリーの製品により多少の違いはありますが、基本的にはお酢やベーキングパウダーといった食物が原料となっているため、生まれてくる赤ちゃんやママへの被害や副作用はありません。
小さな子供が誤って口に入れたとしても問題ないとされています。

産み分けゼリーはどう選ぶ?

産み分けゼリーは安全であるとされていますが、海外で生産された製品の中には、原料がきちんと明記されていないものや、製造元が信頼できる会社かわからないものも存在します。より安全性を求めるのであれば、品質テストなどがきちんと行われているか、日本製のものかといった点を確認するとよいでしょう。

100%天然成分!ママも安心の産み分けゼリー「ベイビーサポート」

ベイビーサポートは、100%天然の原料を使用し、ゼリーはもちろん、容器や外箱まですべて日本製という安全性にこだわりぬいた産み分けゼリー。徹底した品質管理のもとにつくられ、厳しい基準のテストも行ったうえで販売されています。
ママや赤ちゃんに害がないのはもちろん、精子活動最適成分が含まれているため、自然妊娠の確立にも影響を与えません。使いやすさにもこだわり、ゼリー量は膣内に行き渡るのに最適な4.5ml。
初めて産み分けに挑戦する方にもおすすめの製品です。

【大好評】今だけ使える10%OFFクーポンプレゼント実施中

生み分けをご検討中のイクシルをご愛読いただいている皆様だけに、ベイビーサポート10%OFFクーポンをご用意いたしました。ご購入の際には下記のクーポンコードを必ずご入力ください。

クーポンコード:nxq7qu4yfdnd6ekesct1
有効期限:2017年6月30日まで

ベイビーサポート返金キャンペーンとの併用も可能です。詳しくは ベイビーサポートへ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加