編集部ピックアップ[PR]

2017/08/23

研究で判明!妊娠中のDHA・EPA摂取で得られる効果

研究で判明!妊娠中のDHA・EPA摂取で得られる効果

脳や体の健康によいとして知られるDHA・EPA。DHA・EPAの研究は各国で行われており、妊娠中にもたらされるさまざまな効果も判明しています。ここでは、具体的な研究結果から見るDHA・EPAの効果や、妊娠中の摂取方法について紹介します。

研究結果から見るDHA・EPAの効果

妊娠中に必要な栄養素として、葉酸に並んで注目されているDHA・EPA。DHA・EPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれる必須脂肪酸に分類される栄養素で、特に青魚に多く含まれていることで知られています。健康や脳の働きによい影響をもたらすとされ、特に妊娠中は積極的に摂取すべきとされています。なぜ妊娠中のDHA・EPA摂取が重要なのか、その具体的な理由がさまざまな研究から明らかになってきています。

アメリカ・カンザス大学の研究

アメリカのカンザス大学で行われた研究では、妊娠中オメガ3脂肪酸が配合されたサプリメントを服用した妊婦さんは、偽薬(オメガ3や研究に影響するものが配合されていない形だけの薬)を服用していた妊婦さんに比べ早産や低出生体重児のリスクが低かったという結果が出ています。

順天堂大学医学部の研究

順天堂大学医学部では、妊娠中DHAを意識して摂取した妊婦さんから生まれた赤ちゃんと意識して摂取していなかった妊婦さんの赤ちゃんのそれぞれ18か月後の状態を比較する研究を行いました。その結果、前者の赤ちゃんの方が運動発達・行動情緒発達が高かったという結果が出ています。

オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究

オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究では、妊娠中のオメガ3脂肪酸の摂取量が多い妊婦さんほど、産後うつになるリスクが低減することがわかっています。

早産、低出生体重児、赤ちゃんの発育、産後うつなど、ママの健康だけでなく赤ちゃんの発育にもよいことが判明しているDHA・EPAですが、体内ではつくり出すことができないため、食べ物など外から摂取する必要があります。

妊娠中にも嬉しい!DHA・EPAの摂取に役立つサプリメント

DHA・EPAを摂取する方法としてまず挙げられるのが青魚を食べることです。DHA・EPAは青魚の脂の部分に多く含まれています。そのため、DHA・EPAを摂取するのであればお刺身などで青魚を脂ごと食べましょう、とよく言われています。ただし、妊娠中は免疫力が低下しており、通常よりも食中毒のリスクが高まっているため生魚の摂取はおすすめできません。妊娠中にDHA・EPAをとるのであれば、煮魚にして脂を落とさずに食べるか、サプリメントからの摂取がおすすめです。特にサプリメントは、つわりなどで魚の生臭さが気になるときでも摂取しやすいほか、摂取量もコントロールしやすいのでバランスよく摂ることができます。

植物性だから安心!妊婦さんも絶賛のDHA・EPAサプリメント

DHA・EPAをしっかり摂りたいけど、魚の生臭さや水銀が気になる…そんな妊婦さんのために作られたのが「ノコア インナーコアグローアップサプリメント」。魚からでなく海藻から抽出したDHA・EPAを配合しているため、毎日摂っても水銀の心配はありません。1日分でDHA・EPAが300㎎摂れるほか、妊娠中に必須の葉酸や鉄分、カルシウム、ビタミンもしっかり補うことができます

イクシル編集部では、2人の妊婦さんに実際に飲んでもらったので、感想を紹介します。

第2子を妊娠中!育児に仕事に奮闘中のA子

おしゃれで清潔感のあるパッケージなので手に取りやすいです。妊娠中でもサプリのにおいはまったく気にならなかったです。1日6粒は多いかな、と最初は思いましたが、飲み心地が良く気になりません。植物性で水銀のリスクがないことは安心ですね。

初めての出産を控えてドキドキのB美

サプリは重たい瓶に入っているイメージですが、このサプリは見た目もおしゃれでカバンに入れてもかさばらないのがいいですね。妊娠中は栄養不足になりがちなので、必要な栄養がマルチに摂れるのはうれしいです。添加物が配合されているサプリも多いなか、このサプリは無添加なので長い期間飲み続けられそう。

SNSでチェック!気になるみんなの評判は?

最後に「ノコア インナーコアグローアップサプリメント」のSNSでの評判をご紹介します。妊娠中に摂りたい栄養素がしっかり入って、臭いも無く飲みやすいと好評です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加